昨日は長いことバスにゆられて立っていたら、腰骨がずり落ちそうになって、必死で両手で支えている夢を見ました。

今朝は、恋人のお葬式でなぜかダンスを踊っている夢を見たことを、チルチルに報告している夢を見ました。恋人は、夢の中でチルチルに報告しているところまでは確かに私の恋人だったのですが、その夢を今朝チルチルに報告しようとしたときには全く憶えのない人でした。

私が文字を打ち込んでいる、ここが現実なのか、もう1度目覚めて側にいる誰かに報告することになっても不思議ではないような気もします。
[PR]
by junocchi | 2010-06-25 08:02 | わたくしごと | Comments(0)