白いハチドリのお話

白いハチドリは、ある南国の、花畑の中で生れました。

白いハチドリには、兄弟が5羽ありました。

その中で、白いハチドリは、彼だけでした。

他の兄弟たちは、緑や、瑠璃色や、オレンジ色の鮮やかな色をしていて、花の蜜を吸うための、長いくちばしを持っていました。

白いハチドリのくちばしは、白いちいさな二枚貝のような形をしていました。
そのちいさなくちばしは、美しく歌うのに優れてはいましたが、花の蜜を吸う事はできませんでした。

白いハチドリは、小さな虫や、川の水を飲んで暮らしていましたが、しだいに弱っていきました。

ある日、心配したお母さん鳥が言いました。

『ぼうや、ここにいては、お前はもうすぐ体が弱って死んでしまうね。ここはお前のいるところじゃないのかもしれないね。』

白いハチドリも、そのことはわかっていましたが、ここから出て行くと、お母さん鳥や、兄弟たちが悲しむと思って、言い出せずにいたのでした。
また、この幸せな花畑の外に出るのが怖くもありました。

しかし、お母さん鳥が背中を押してくれた今、白いハチドリは広い広い空へと羽ばたきました。

白いハチドリには、どちらへ行ったら良いのかが自然にわかりました。そうです、北へ、北へ。

白いハチドリは、何日も何日も、休むことなく飛び続けました。

今や、下に見えるのは、厚い雪に覆われた地面と、ごつごつした氷の岩でした。

白いハチドリはくたくたに疲れていましたので、どこかで一休みしたかったのですが、
もしも雪の上に降り立ったなら、小さなハチドリの体はたちまち雪に埋もれてしまいますし、
もしも氷の岩に降り立ったなら、足から冷気が這い上がり、全身が凍り付いてしまうでしょう。

そうして白いハチドリは、なおも休むことなく飛び続けました。

意識が朦朧としかけ、もういっそ、はばたくのをやめてしまおうかと思ったその時、少し先の岩と岩の間に、ほのかな光が見えました。

白いハチドリは、最後の力を振り絞って、光の方へ飛んで行きました。



気がつくと、白いハチドリは、あたたかな光の中でした。甘い優しげな香りもします。

『お前を待っていたのですよ』

優しい声の主は、美しく気高い「ユキノハナ」でした。

『私とお前の命とは、対になっているのです。お前がいなければ、私はこの雪の中に、ひっそりと消えていくところでしたし、私がいなければ、お前は凍り付いて死んでしまうところでした。』

そう言って、ユキノハナは、白い美しい花びらを一せいに広げました。
a0127828_18114854.jpg

『さあ、おなかいっぱいおあがりなさい。そして眠りなさい。』

ハチドリは、花の中心へと舞い上がり、羽を動かしながら静止し、花びらにつつまれていた、蜜の入った甘い実をついばみました。それは今まで味わったことのない、深く深く染み込んでいくような甘さでした。

『ゆっくりおやすみ』

ユキノハナのささやきを聴きながら、いつしか白いハチドリは眠りにおちていきました。

目がさめると、辺り一面が白いあたたかな光で満たされていました。
あまい蜜のにおいもします。

白いハチドリが花の蜜をついばんだとき、ハチドリの羽がユキノハナの胞子を撒き散らし、そこから芽がでて、たくさんのユキノハナが咲いたのでした。

そう、春が来たのです。

白いハチドリは、冬の間中、ぐっすりと眠り込んでいたのでした。


美しい歌声が響き渡り、白いハチドリは上を見上げました。

するとどうでしょう、そこにはユキノハナの香りに引き寄せられて集まった、たくさんの白いハチドリが、うれしそうに飛び交っていました。

白いハチドリは、一人ぼっちではなかったのでした。

白いハチドリは、とびきり美しい声でさえずりながら、白いハチドリたちの方へと飛んで行きました。


寒い寒い北の国のどこかに、あたたかな光とあまいにおい、そして美しい音楽に満たされた、幸せな原っぱがあります。誰も見たことはありませんけれど、それはきっとあるのでした。





***
なんてことを妄想しながら作りました。
a0127828_18431138.jpg

マチつきのがま口ポーチです。肩から提げても、チェーンを取り外して化粧ポーチなどとして使っても。
写真はチェーンを外した状態です。

吉祥寺、横丁ギャラリーの『おくりもの展』に出展します。よかったら、あなたも白いハチドリに会いに来て下さい。
[PR]
by junocchi | 2010-12-11 18:48 | 刺繍 | Comments(5)
Commented by 色えんぴつ at 2010-12-11 23:10 x
とってもステキなお話やね!ユキノハナ、何だか幻想的で切ないけどこころあたたまるね☆作品のハチドリもすごい細やか☆
個人的に鳥が好きなので、とっても共鳴してしまったよ。
Commented by junocchi at 2010-12-13 21:06
いろえんぴつさんこんにちは♪
花の蜜を主食にしている生き物って、1種類の花からしか蜜を摂らなくて、それで棲み分けがされているっていうのを知って、素敵だなあと思ってお話にしてみました☆
鳥って、本当にいろんな種族がいて面白いですよね。私も大好きです。高知の川沿いに住んでいた頃、川に白鷺が遊びに来てて、よく眺めてました。新宿に越してからは雀とカラスしか見かけないけど…
Commented by ちゃめ at 2010-12-14 01:56 x
久しぶりに良い話に出会えました。よかった~ハチドリさん。これは何か、絵本か紙芝居にしたくなる位の魅力があります。ほんと、良い話や。。
Commented by junocchi at 2010-12-14 21:39
ちゃめさんこんにちは♪
そんなふうに言っていただけて、とてもうれしいです^^
ちゃめさんは紙芝居をされるんですよね。いつか紙芝居でコラボなんてできたら楽しそうですね♪♪
Commented by ちゃめ at 2010-12-15 00:04 x
そやね☆(・∀<)いつか、2人で作品作れたりしたら…最高!