ゆるく楽しく、地域で繋がるクニョロン祭

先日、国立市の『滝乃川学園』で、とってもかわいい小さなお祭りが行なわれました。

『滝乃川学園』は、障害を持つお子さんが通ったり暮らしたりしている施設です。
junoは初めて行きましたが、とても歴史のあるところらしく、日本最古のピアノがあり、たっぷりした敷地の中には木がたくさん生えていて、良く手入れされた古い建物が木に囲まれて建っていて、絵本の中のような、わくわくするようなところでした。

お祭りのメインイベントは、この小さな教会でおこなれたコンサート。
a0127828_734714.jpg

歌っているのはコトリちゃん。
このお祭りを考え、実行した張本人。
そしてこのステージに立つためのドレスを、junoに依頼してくれました。
a0127828_734876.jpg

junoも常々思っているのですが、国立には、マイペースに活動している作家さんや音楽家の方、芸術家の方がとてもたくさんいるんです。
そんなスーパースターたちが、一堂に会したら、どんなにすてきだろう。
ことりちゃんはそう思いました。
思うだけでなく、実現させたんです。

手描きのちらし、段ボールで作った看板、手作りの衣装…力みすぎずに、完璧すぎずに、でもそのバランス感覚って実はとっても難しい。
周りの仲間を信頼してないと、なんでも自分でやろうとして辛くなっちゃう。
その点、ことりちゃんは余裕しゃくしゃく。自分が大好きな人達を集めたんだから、絶対楽しいに決まってる。
自分の好き!を信じて、周りの人を信じて、幕が開けば、あとは歌って踊って、楽しい時間を過ごすだけ。そんな度胸の良さ、心意気は、会場全体に満ち満ちて、訪れたわたしたちを心地よくさせてくれました。
ステージのメインゲスト、中ムラサトコさんをはじめ、物販の作家さんも、飾られた絵も、みんな素敵なものばかりで。

ことりちゃんも言っていたけど、銀河系で唯一、多様な生命とエネルギーに満ちている地球には、大きな木や、きれいな花や、美味しい食べ物があって、良い音を鳴らす人や、美味しいご飯を作る人や、素敵な服や、おもしろい映画やなんか作る人がたっくさんいて、その間をひらひら飛び回りながら、大好きなものばっかり、ちょこっとずつつき合いながら暮らすのって、なんて楽しいんだろう。

小さな小さなお祭りは、地球に生きてる有り難さを思い出させてくれるような、おおきなおおきな喜びに満ちたお祭りでした。そして、このお祭りは、いつまでも終わらせずに、日常の中で続けていきたいお祭りです。
ゆるく楽しく地域や好きな人とつながって暮らす。あなたも今すぐ、クニョロン祭に参加しませんか?
[PR]
by junocchi | 2012-08-29 06:49 | わたくしごと | Comments(2)
Commented by おとんた at 2012-08-30 07:48 x
ことりちゃんの衣装はjunoさんが作ったんですね。
なんて素敵なコラボレーション。
素晴らしいコンサートだったのでしょうね。
Commented by junocchi at 2012-08-31 01:00
おとんたさん
ほんと素晴らしかったんですよ〜^^
ことりちゃんめっちゃかわいかったです♡やっぱり国立が大好きです!!