クリスマスマルシェ、終了しました

国立『じゃらんじゃらんの森』で行われていたクリスマスマルシェ、本日で終了致しました。
お越し下さった皆様、ありがとうございました!

少しですが、junoの作品をご紹介したいと思います。
まずはアコバさんの着てくれたこちら。
a0127828_18103891.jpg

月とオオカミの森のバギーパンツ。
ウクレレ持ったアコバさんが浮かれた感じで最高ですね!
バギーパンツは、海賊が履いてるみたいな、股ぐり深めのでっかいパンツ。某業界では、豪快なオラオラ系男子のことをリスペクトを込めて『バギー』と称する、とか。そんなバギーパンツに孤独を愛する群れないオオカミを刺繍したこのパンツをはけば、苦み走った強い気持ちが湧いてくるはずです。
このパンツは、オオカミ大好きなナイスミドルのもとへ旅立ちました。ありがとうございました。

そしてこちらは、こんな可愛い方のもとへ。
a0127828_18103913.jpg

降りしきる雪の中、巣穴から顔を出しているオコジョのシャツ。この巣穴はちいさなポケットになっています。
オコジョというのは、寒い地方に生息し、夏場は茶色の毛が、冬になると真っ白へ生え変わる、小さな可愛い動物です。
こんなこ
a0127828_18104076.jpg

シャツを連れ帰ってくれた彼女、なーんかオコジョに似てますよね。とっても可愛い!

こちらは、ちょっとシックなブラックドレス。
a0127828_18104191.jpg

国立のプリンセス、ことりちゃんが着てくれました。このフリフリはなかなか人を選ぶデザインですが、ドールなことりちゃんは本当にお似合いでした。

最後は、こちら。
a0127828_18104375.jpg

写真がちょっと見えにくいかな?立派な角を持つ若い鹿の刺繍をしたドルマンスリーブのシャツは、凛とした美人さんのところ旅立ちました。
今年の冬は、木の幹のようなゴツゴツした質感を表現するのにはまっていて、この鹿の刺繍も、立派な角を刺繍するのがとても楽しかったです。
衿ぐりにそって伸びる大きな角は、着る人をいろんな物から守ってくれそう、なんて思っています。

他にも、残念ながらお客様のもとへ旅立つ瞬間に立ち会えなかった作品たちもいますが、それぞれとてもお似合いだったと、じゃらんのキキさんから伺い、とてもうれしいです。

また、この一年を、大好きな国立での素敵なマルシェで締めくくることができたのも、とてもうれしかったです。
こんど皆さんに展示のお知らせが出来るのは、桜の蕾が膨らむころかな〜と思っています。

ひとまずこの一年、お世話になった皆様と、出会えた全ての皆様へ、心からありがとうを言いたい気分です。
ありがとうございました!!良いお年を。また来年も、junoと遊んでください♪
[PR]
by junocchi | 2012-12-23 17:31 | 展示のおしらせ | Comments(0)