みも

ザ・ミモザ
a0127828_0253662.jpg

実は大学生になるまで知らなかったミモザ。
大学の時に初めてバイトした居酒屋さんに、《ミモザサラダ》という、卵の黄身が降りかかってるサラダがありまして、それはとっても美味しかったけれど、ミモザが花の名前とは知らなかったよ。
新宿駅のお花屋さんでミモザのリースを売っていたのが本物のミモザを見た最初で、ミモザの木を見たのはおととし、押上のカレーやさんの庭先に生えていたのが初めて。

初めてミモザの木の下に立って、はらはらとミモザが散ってゆく光景を見たときは、予想外に感動してしまいました。
桜とはまた違う雰囲気なんだよね。桜の花が散る様も幻想的ですてきだけど、ミモザの花が散って行くのは、光の国に招かれているみたいな気分。
哀しさが無くて、なにか、めくるめく感覚!
そんな感覚を思い出しつつ、ミモザを刺繍しましたよ。
明日にはすてきなブラウスが出来上がっているかな?お楽しみに^ ^





.
[PR]
by junocchi | 2014-03-27 00:13 | 刺繍 | Comments(2)
Commented by おとんた at 2014-03-27 17:56 x
ミモザだ〜!すご〜い。(・0・)
Commented by junocchi at 2014-03-30 14:00
ミモザです。ありがとうございます^ ^