HMJ2014終了致しました

a0127828_916386.jpg

今年で二回目となる、HMJへの出展。
お越し下さった方、お買い上げ下った方、ありがとうございました!

いつも小さな会場で出展することの多いjunoにとってはこのイベント、多くの通りすがりの人たちの忌憚のないご意見が聞ける貴重な機会です。

ギャラリーで出展するときは、そもそも人の手で作られたものが好きで、多少のリスペクトの念を持って来て下さる方がほとんどだし、作品の近くに作家が立っていれば、たいていの人は作品を褒めてくれます。

でも、hmjのような大きなイベントになると、出展者のジャンルもさまざま。
食べ物の屋台やライブをしにくるアーティストさんや、食器や家具など、ファッションやお洋服とは違うジャンルの出展者さんをお目当てに遊びに来ている方たちにとったら、junoの作る物やそれに注ぎ込んでいるこだわりなんてナンジャコリャ?な世界だったりします。
また、会場が混み合っているため作家は作品のすぐ横に立っていてはお客さんの邪魔になってしまうので、結果自分のブースから、2〜3m通路側に下がって、お客さんたちの後ろからブースを見守るような感じになります。

すると、junoのことを知っている方はほとんどいませんから、お客さんたちは後ろに立っているのが作家だとは知らずに遠慮なく作品の感想を言ってくれるわけです。

中には無断で写真を撮っていく方や、乱暴に扱う方もいてひやひやすることもありますが、それらも含め、お客さんが何らかの興味を示してくれていたら、なぜ興味を持ってもらえたのか、どんな感想を持ったのかなど、一つ一つ心のメモ帳に書き留め、今後の制作に反映したり参考にしたりします。

今回は、前回人気だったチーズバッグをたくさん作って持っていったのですが、前を通る人がみんな『あっ、チーズ!』と言い、そのあと『チーズだよ。チーズ』とチーズを連呼しながらチーズバッグの穴に指を突っ込んで行かれるのが面白かったです。人間とは、そこに穴があるとついつい手を突っ込みたくなる性分なのだろうか、と江連さんと言い合いました。

また、江連さんとコラボしたチクチクホルンの反応もなかなか良く、今後は洋服だけでなくファブリックや小物なども展開して行きたいなぁと話し合いました。

合間合間にライブ部門に出演されていた知り合いのステージをみたり、屋台メシも食べたり、他のブースを見に行ったりもできたし、楽しい時間をすごせました。
それもこれも、1人じゃなかったおかげ。江連さんとzucco.ちゃんのおかげで、お客さんの発言に心乱されることもなく、好きなときにトイレにも行け、帰りのご飯も美味しかったです。
本当に良かった。ありがとうございました!
来年は出展しないかもしれないけど、よい経験ができました。もちろん、思い出すだけで嬉しくなるような、心温まる出会いもたくさんありました^ ^


欲しかったzucco.ちゃんの走っているリスブローチやくにはらさんの作品も手に入れたし^ ^
a0127828_9163964.jpg

とにかく怒涛の七月出展がおわり、ホッとしております。

あとはニヒル牛2の海中アパルトメントのみ。30日までです。junoは25日に作品を追加するつもりです。よろしくお願い致します^ ^





.
[PR]
by junocchi | 2014-07-22 08:34 | 展示レポート | Comments(0)