カルくんの世界

夕方セツに行ったら、セツギャラリーで、同じ2級生の、カルくんこと中野和彦さんが展示をしてました。
カルくんの絵は、最初の合評のときからぶっちぎりで目立っていて、2級生で注目してる人はきっといっぱいいると思うのですが、私もその一人です。
白を基調にしたモノクロっぽいイメージが強かったけど、今回は色をたくさん使ったおおきな作品もあって迫力満点でした。
この絵は一番でっかい絵。高さ2メートルはあるんじゃないかな。
a0127828_1932716.jpg

ラッキーなことにカルくん本人がメンテナンスに来ていて、いろいろとお話ができて嬉しかったです。
カルくんはティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の名作「シザーハンズ」にでてくる、手がはさみになってる男の子に雰囲気が似ていて、わたしはそこにも注目してたんですが、(前に物まねしてくれたんだけどそっくりだったの!)顔は載せちゃいや!ということなので、後姿で想像をふくらませてみてね。この人が、こんな絵を描くんですよ~
a0127828_1947595.jpg

台風がきてるから大変だねって話してたけど、わりとあっさり通過してよかったね。
金曜日までしか展示期間がないので、見たい人は急いで!
わたしも明日もう一回見に行こうかな。

いろいろあって、次の半年はセツをお休みするんですが、職場が近いから、なんだかんだでセツに入り浸りそうな予感がしてます。
[PR]
by junocchi | 2009-10-06 19:27 | わたくしごと | Comments(0)