カテゴリ:展示レポート( 51 )

こんにちは、完全に10月に乗り遅れているjunoです。
もうとっくに走り出している10月!!余裕がなくてブログの更新がままなりません!!
とりあえず、9/28の煩悩!ぼんぼんマーケットありがとうございましたm(_ _)m
a0127828_16332051.jpg

この日1番のお気に入り写真を添えて…このお姉さんはめぐめぐっていうんですけど、チーズが、あまりにも似合いすぎるので、偶然掛かってた○掛軸の前で撮らせて頂きました。色の組み合わせが良いです。黄×青、昔から好きです。媚びない表情もすてき。

初めてのお寺での出展、こんな感じで、和のしつらえとともに楽しんで頂けたことと思います。
私もいろいろな方とお話できて嬉しかったです^ ^なんと何年も前からブログを読んでくださっていた方が来てくれたりして。効果があるのか無いのか、よくわからないブログですが続けていると良いこともあるものですね。

さてさて、次の目標はもう間近に迫った10/11,12の結市です。本当に余裕が無いのでもしかしたら終わるまで更新できないかも…あ、でもすごく書きたい事があるのでそれは必ず!

なんかテンパっているという事だけはよく伝わるブログですみません。結市、お越しになれる方、ぜひぜひお待ちしております!!





.
[PR]
お知らせが遅くなりましたが、西荻窪ニヒル牛2の展示『海中アパルトメント』は7月30日をもって終了いたしました。
a0127828_8275331.jpg


ニヒル牛は、いわゆる箱貸しのお店なのですが、お店の中に舞台のような、ショーウィンドウのような少し大きめのスペースがあり、そこで随時作家さんの個展や企画展が行われています。

もちろん店内の無数の箱には常設の作品。展示スペースは無数の箱の中のさらに大きな箱、いわば箱の王様みたいな感じでしょうか。

普通、個展でも企画展でも、ギャラリーをまるまる借り切ってすることが多いけれど、ニヒル牛2の展覧会はこの普通より小さなスペースに、世界観がぎゅぎゅっと詰め込まれ、個々の作品が一つの芸術品の欠かせないパーツのようになり、展示全体が一つのBOXアートのような、とても密度の濃いものになっていました。

さらに今回の展示には、目に見える部分以外にも、しっかりとした物語がありました。

この海中アパルトメントは、大蛸の女主人が経営しており、海の住人たちが、やってきては去って行く。

もっとも古くからの住人はいつから住んでいるのかわからない、ウミガメのおじいさん。もはや岩のようにそこにいるので、甲羅の上にはたくさんの生き物たちが住みついていますが、彼はそんなこと気にもとめないで、憂いを含んだ瞳で、静かにそこに佇んでいます。
a0127828_8275419.jpg

a0127828_8275686.jpg

このディスプレイは、展示を企画したコヤヒロカさん始め、三人の作家さんが寝る間も惜しんで作り上げたもの。

最初、海中アパルトメントに誘って頂いた時に、コヤさんがノートに鉛筆で描いた展示のラフを見せてくれました。
彼女の正確で繊細な線で描かれた、大蛸やウミガメ。その物語を聞いているだけでわくわくしましたが、その時点ではまだ絵空事であり、ノートに描かれたわくわくする世界は、現実とはあまりにかけ離れているように感じていました。
大蛸が宙に浮いて…えっ、実物大のウミガメ⁈そんなのどうやって作るの?

しかし実際には、ノートのラフ、そして私の想像を遥かに上回るものが出来上がっていました。

ふつうここまでしないよね、っていう段階を遥かに超えてました。

彼女たちは、それぞれが売り物としての自分の作品も出展しており、ディスプレイをもうちょっと手抜きすれば、もっともっとたくさんの作品を作れたはずなのですが、でもやっぱりこのディスプレイがなければ、ここまでお客さんを魅了出来なかったし、口コミで広がらなかっただろうし、よって売り上げもこんなに伸びなかっただろうと思われます。

というか、多分、ディスプレイを用意してるときに誰も元が取れるかとか、売り上げがどうとか気にしてなさそう。
完全に、見た人に新鮮な驚き、感動、喜びを感じて欲しい!!それだけ。

作家が制作を続けていく上で、やっぱり制作資金をどうするかというのは常に頭を悩ませる問題だと思うのですが、制作している時だけは、そういう不安とかいったん全部捨てて、純粋に作りたいものを作るっていうのもまた大切なんですよね。

だからと言って、材料に途方もなくお金使って良いというわけではもちろんなく、彼女たちは知恵と工夫と技術を余すところなく使って、少ない材料の中でやりとげていました。

これ以上なく作り込まれた夢の空間に散りばめられ、作家たちの作品もまた輝きを増しました。

また、これだけの空間を用意してもらって何も感じない作家はいないでしょう。約一ヶ月の間、アパルトメントの住人はどんどん旅立って行きましたが、次々と新たな住人がやってきて、アパルトメントは常に満室状態。いつ行っても楽しい展示となっていました。

私はといえば、7月は展示がいくつも重なっていたのであまり多くの作品を納品出来なかったのですが、海中アパルトメントのTwitterを覗いては、何度歯がゆい思いを感じたことか。

作る人も見る人も魅了し、駆り立てた、本当に素晴らしい展示でした。

明日からは、こちらもファンがたくさんいらっしゃると噂の第7回むし展がはじまるそうです。
世の中にはいろんな趣味嗜好がありますが、虫が大好きな女性が最近、増えているということです。虫なんて…無理!という方も、行って見たら目覚めてしまうかも。
junoは参加してませんが、自分の箱の中でこっそり便乗するかも?

ぜひぜひ行ってみてくださいな^ ^






.
[PR]
a0127828_916386.jpg

今年で二回目となる、HMJへの出展。
お越し下さった方、お買い上げ下った方、ありがとうございました!

いつも小さな会場で出展することの多いjunoにとってはこのイベント、多くの通りすがりの人たちの忌憚のないご意見が聞ける貴重な機会です。

ギャラリーで出展するときは、そもそも人の手で作られたものが好きで、多少のリスペクトの念を持って来て下さる方がほとんどだし、作品の近くに作家が立っていれば、たいていの人は作品を褒めてくれます。

でも、hmjのような大きなイベントになると、出展者のジャンルもさまざま。
食べ物の屋台やライブをしにくるアーティストさんや、食器や家具など、ファッションやお洋服とは違うジャンルの出展者さんをお目当てに遊びに来ている方たちにとったら、junoの作る物やそれに注ぎ込んでいるこだわりなんてナンジャコリャ?な世界だったりします。
また、会場が混み合っているため作家は作品のすぐ横に立っていてはお客さんの邪魔になってしまうので、結果自分のブースから、2〜3m通路側に下がって、お客さんたちの後ろからブースを見守るような感じになります。

すると、junoのことを知っている方はほとんどいませんから、お客さんたちは後ろに立っているのが作家だとは知らずに遠慮なく作品の感想を言ってくれるわけです。

中には無断で写真を撮っていく方や、乱暴に扱う方もいてひやひやすることもありますが、それらも含め、お客さんが何らかの興味を示してくれていたら、なぜ興味を持ってもらえたのか、どんな感想を持ったのかなど、一つ一つ心のメモ帳に書き留め、今後の制作に反映したり参考にしたりします。

今回は、前回人気だったチーズバッグをたくさん作って持っていったのですが、前を通る人がみんな『あっ、チーズ!』と言い、そのあと『チーズだよ。チーズ』とチーズを連呼しながらチーズバッグの穴に指を突っ込んで行かれるのが面白かったです。人間とは、そこに穴があるとついつい手を突っ込みたくなる性分なのだろうか、と江連さんと言い合いました。

また、江連さんとコラボしたチクチクホルンの反応もなかなか良く、今後は洋服だけでなくファブリックや小物なども展開して行きたいなぁと話し合いました。

合間合間にライブ部門に出演されていた知り合いのステージをみたり、屋台メシも食べたり、他のブースを見に行ったりもできたし、楽しい時間をすごせました。
それもこれも、1人じゃなかったおかげ。江連さんとzucco.ちゃんのおかげで、お客さんの発言に心乱されることもなく、好きなときにトイレにも行け、帰りのご飯も美味しかったです。
本当に良かった。ありがとうございました!
来年は出展しないかもしれないけど、よい経験ができました。もちろん、思い出すだけで嬉しくなるような、心温まる出会いもたくさんありました^ ^


欲しかったzucco.ちゃんの走っているリスブローチやくにはらさんの作品も手に入れたし^ ^
a0127828_9163964.jpg

とにかく怒涛の七月出展がおわり、ホッとしております。

あとはニヒル牛2の海中アパルトメントのみ。30日までです。junoは25日に作品を追加するつもりです。よろしくお願い致します^ ^





.
[PR]
吉祥寺re:tailで開催していたchocoshoe5th、25日をもって無事終了致しました。
a0127828_16185293.jpg

今回は約300人ものお客様がお越し下さったということです。すごいですね〜!
junoの知り合いの方やお友達もたくさんお越しくださいました。本当にありがとうございました!!残念ながらお会いできなかった方、申し訳ありませんでした。またどこかで^ ^

少しだけですが、junoの洋服を着ていただいた写真があるのでご紹介を。
こちらは『海辺のシャツ』
a0127828_16185364.jpg

襟を大きめにしてちょっとイタリアンな感じを出しました。白地に白いカモメの刺繍をしています。
a0127828_16185676.jpg

そして、見えるかな?ヨークの内側にも、海をイメージした刺繍を入れました。ハンガーに掛けた状態で絵が完成するという試みです^ ^

これは、白いローン地に、ロウソクをたくさん刺繍したブラウス。襟のところの三角フラッグと、ロウソクの炎が立体になっております。裾広がりの形がかわいい。なにより着てくれた方がかわいい!!
a0127828_1618543.jpg


こちらは、ブログでもご紹介したギャザーたっぷりのシャツワンピース。どことなくエキゾチックな彼女にお似合いでした^ ^優しい雰囲気の彼女の笑顔、思わず近寄って行きたくなりますね♪
a0127828_16185428.jpg


薔薇のブラウスは、透明感溢れる美女のもとへ。すっごくお似合いで、しかも嬉しそうに着てくれたのが印象に残りました。私もうれしい!ありがとうございました^ ^
a0127828_1618556.jpg


毎度のことですがイベント前は自分の作品の行く末が心配で心配で、このイベントの前にも胃腸炎にかかるほどでしたが、たくさんの作品が良い旅立ちを果たすことができました。
全部の瞬間に立ち会えなかったのが心残りではありますが、とってもうれしいです。ありがとうございました。
a0127828_16185614.jpg


思えば5年も前でしょうか。このre:tailができて間もないとき、セツモードセミナーの先輩がオーナーの方に交渉してくださって、『吉祥寺2days』というイベントを開いたことがありました。

まだ私も自分の作品を人様にお見せできる場所もなくて、どのように活動してゆけばいいのか探っているような時で、先輩に誘ってもらってその吉祥寺2daysに参加し、このre:tailでほんの数点、雑貨の販売をさせてもらったのでした。
そしてその後何度かここで企画展に参加したりもしました。

もともとは絵を学ぶつもりで東京に出てきたのですが、今思えばこのときの『お店屋さん体験』の面白さが今につながっているのかも。

そうこうしてるうちにre:tailがすっかり売れっ子ギャラリーになって、もう簡単にあそこで展示できないなーと思っていたのですが、5年の歳月を経てここに戻ってこられたのは、なんだか運命を感じずにはいられません。

そしてあの時も今も、一生懸命、できる限りのことをしているのは変わらないけれど、技術やクオリティやアイディアは絶対に上がっている自信があるし、実際にすごく手応えも感じました。
5年前の吉祥寺は、おしゃれで活気があって憧れの、でも手の届かない街という感じでしたが、今回の展示ではなんだか吉祥寺という街に少しだけ認められたような、受け入れてもらったような、そんな感じがしました。

今なら、憧れのnest RobeやKANALで臆せずに試着できそうだし、AVRILで糸について店員さんに尋ねるのもどうどうとできそう。
無くなってしまったコットンフィールド生地館がもしまだ残っていたら、今ならレジの行列におどおどせずに、店員さんと笑ってお話できたかも。惜しい!

まだ行ったことのないお店情報も仕入れたので、今度またゆっくり吉祥寺散歩へ出かけようと思います。

長くなってしまいましたが、改めてお越し下さった皆様、参加者の皆様、そしてそしてchocoshoeのすてきな主催者様たち、お世話になりました!これからもよろしくお願い致します^ ^







.
[PR]
更新が遅れに遅れておりますが、4/19(土)に、アーツ千代田3331で行われた、Funnel of Life vol.15が無事終了しました!
a0127828_8584865.jpg


このイベント自体は何度も開催されているのですが、junoは初参加ということで、かなりなアウェー感だったんですが、告知を見て来て下さった方もいて、本当嬉しかったです!
やっぱり知らない人ばっかりのところに1人で出展するのは心細いですからね…知った顔を見るとそれだけでリラックスできるし有難いです。

アーツ千代田はもともと中学校だったものをリフォームして、みんなが使える多目的施設になっている建物です。
教室だったところが、それぞれ面白いギャラリーになっていたり、一階にはカフェもあります。
初めて会った出展者の方とランチしたよ。グラウンドだったところには緑たっぷり。テラスにテーブルを出してくれて、開放感もたっぷり。
a0127828_8584979.jpg


夕方からスタートの音楽とARTのイベントと聞いて、どんな感じかなーとイメージしていたのは、間接照明のムーディな空間でDJが音楽をかけて、みんな踊りつつお酒を飲んだりして…みたいな感じだったんですが、実際には子供も大人も楽しめそうな、とってもヘルシーな感じでした。

元教室だった部屋にステージが設けられ、可愛い椅子もあって、壁面には色鮮やかなアート。
a0127828_8584939.jpg

となりの教室は雑貨屋さんとカフェになっています。可愛い雑貨がたくさんありました。
a0127828_858504.jpg

元中学校を使ってるのもあり、なんだか大人の文化祭といった雰囲気。

ちなみにjunoブースはこんな感じ。
a0127828_8585592.jpg

今回は展示中心ということだったので、刺繍の凝っているものをセレクトしました。刺繍アクセサリーも頑張ってつくりましたよ^ ^


ライブが始まりました。まずはKimodo Inc.のみなさん
a0127828_8585016.jpg

ギターの女の子のmcが面白かったです!みんな仲良さそうで素敵でした^ ^

記憶のソーダさんは、
a0127828_8585117.jpg

優しい歌声と歌詞で会場を穏やかに癒してくれました。

ポップな雰囲気のなか、問題作を連発していた村男さん
a0127828_85852100.jpg

この方すごくインパクトあって写真たくさん撮ってしまいました。
突然新聞読み出したり、
a0127828_8585262.jpg

それを楽器がわりにして歌いだしたり
a0127828_8585352.jpg

チューニング(?)がフラミンゴスタイルだったり
a0127828_8585388.jpg

歌なんだか寸劇なんだか、とにかく多彩にいろいろめまぐるしく披露してくれました。とても公共の電波では言えないようなこととか…こういうのライブならではで大好きです 笑

トリは、イベントの主催者でもある、ベベルとエンボスのお2人。
a0127828_8585426.jpg

爽やかな歌と演奏で締めてくれました。最初は自分たちがライブをするために始めたイベントで、音楽だけのイベントだったそうですが、回を重ねるごとに仲間が増え、面白いことなんでもやっちゃいなよ!という感じに、アートやカフェなどと広がってきているそうです。
今回は私もそんな仲間たちの1人に加えてもらって、本当に楽しかったです^ ^

ライブが終わったら、しばしフリータイム。おとなりのカフェでひとやすみ。
a0127828_8585540.jpg

淹れたての珈琲に手作りのケーキ。
それに、可愛い年下の友達^ ^
a0127828_8585671.jpg

さきちゃん、ありがとうございました♡

最後に、最高の一枚。
a0127828_8585725.jpg

junoのチーズバッグと、Funnel of LifeのDMを手にナイスポーズをとってくれたしょうこちゃん。彼女が今回のイベントに誘ってくれたんでした。
どうもありがとう、また呼んでください♫







.
[PR]
更新が遅くなってしまいました。
なんと、人生初のノロウイルスにかかりました(´-`)
いや、これ本当つらいですね。

まあそんな話はさておき。

小山のintervalloさんでのイベントが終了しました!ありがとうございました^ ^
今日は少しご報告を。

junoは二階の屋根裏部分をお借りして、自由な感じでやらせていただきました。
今回は刺繍のアクセサリーも作りました。
a0127828_1353151.jpg



最初のお客様はこんなかわいこちゃん^ ^
a0127828_1353121.jpg



『眼鏡コレクターのシャツ』がとてもお似合いだった彼女。
a0127828_1353265.jpg



一階では、画家のしょうこさんの絵画が迎えてくれます。
a0127828_1353355.jpg



二階へと続く階段にも
a0127828_1353317.jpg



しょうこさんの絵はなんだかじわ〜っと気持ちが暖かくなるのです。
a0127828_1353426.jpg


フットケアtabbyさんに、足のマッサージをしてもらったよ。
まず足湯をしてもらうのですが、その足湯がなんとも良い香りでした!
a0127828_1353577.jpg

マッサージもぜんぜん痛くなくて優しく筋肉がほぐされていく感じで、リフレッシュできましたよ^ ^

そして、みんな大好きUn ballonの焼き菓子!
a0127828_1353515.jpg


a0127828_1353654.jpg



このお菓子たち、もうもう、とにかくバターもお砂糖も良いものをたっぷりと使っていて、フロランタンなんて、アーモンドの厚みが1cmくらいあるんです。美味しかった!

そして、江連判子店は相変わらずの大人気!
a0127828_1353731.jpg


自分だけのトートバッグが作れちゃうワークショップもありました。


intervalloのオーナーさんと、その仲間たち。眼鏡率たかいです。
a0127828_1353749.jpg


最後にみんなで
a0127828_1353864.jpg


今回初めてのメンバー、初めての場所でやってみて、ほんとに一人一人の人脈というか、周りの人の優しさで成り立っているな〜と思いました。

場所を貸してくれた方、遠くからきて下さった方…口コミで広げてくださった方。
おかげで本当に楽しい一日となりました^ ^どうもありがとうございました!

また、次回があることを祈っております。ではまた。









.
[PR]
a0127828_134558100.jpg

遅ればせながら、3/1日の結いのおとへお越し下さった皆様、本当にありがとうございました!!
お天気がちょっと厳しかったので、寒い思いをさせてしまったのではと心配ですが、楽しんで下さった報告もいただき、ほっとしています。

junoの作品もたくさんの方に見てもらえて喜んでおります^ ^

蜜のライブも一曲だけだけど見に行くことができたし、なななんと一緒に写真も撮ってもらっちゃいました。
今度は絶対ライブに行きたいです!

そして、お料理屋kokyuでの環ROYさんのライブは筆舌に尽くし難い楽しさでした。いわゆる『楽し過ぎた!!』ってやつですね。

kokyuさんの老舗の旅館みたいな趣の、床の間があって畳敷きの広いお座敷が、あっというまにクラブに変身。
手を伸ばせば届く距離でみんなが環ROYさんを囲む中を、自由に行き来しながらのフリースタイルを交えたパフォーマンスはとても楽しかったです。
私を含め普段ラップとかヒップホップに馴染みのない方もたくさんいたと思いますが、みんな思い思いに踊っていました。
客席もステージも垣根がない、あんなに近い距離でライブを見るのは始めてだし、すぐ横にスピーカーがあるので音が形をもって迫ってきて、ジェットバスに入ってるみたいでした。

最初、お座敷は客席とステージが別れた作りになっていたのですが、休憩の間に本人自ら出てきていろいろと動かしたり、音を調節したりし始める環さん。そのときは他のスタッフさんと区別がつかないくらい普通の人だったのに、ライブが始まったとたんにパッとオーラをまとったように華やかになって、会場をひとつにして、終わる頃にはスーパースターになっていました。

行った先で、自分を効果的に見せるセッティングとか演出をすぐに考えて周りの人に指示を出すクレバーさとか、自分をあまり知らない人も含めた大勢の人の前で、気後れしないで自信をもってパフォーマンスできることとか、自分のやってることを本当に信じてたり、人に伝えたい!と強く思うからこそできることだと思います。

なんだかイベント出展時の自分に1番必要だし足りてないところなので、彼の超然とした感じは物凄く憧れてしまいました。いいな。


筆舌に尽くし難いと書いたくせに、ずいぶん長々と書いてしまいましたね。ライブなんてずっと行ってなかったけど、今年は夏フェスに行ってみようかと思っています^ ^
音楽の力というものに、改めて感動したイベントでした。

スタッフの方、出展者の方、出演者の方、そしてなによりもお越し下さった皆様、いつも家族のように接してくれる江連家の皆様、本当にありがとうございました^ ^






.
[PR]
渋谷Gallery Concealでの企画展、無事終了致しました。ありがとうございました。

今回、あまり在廊できなかったのですが、少しだけ写真を撮ったので紹介しますね^ ^

まずはこちら。笑顔がとっても素敵な彼女。宇宙に散らばった星屑が集まって、金管楽器が生まれるところをイメージしたベストを着てくれています。
a0127828_169353.jpg


こちらはサンタクロースの腹巻き というタイトルのトップス
a0127828_1693624.jpg


今回とてもがんばったコート。裾にぐるっと、森の刺繍をしました。
a0127828_1693872.jpg

a0127828_1693985.jpg


ギャラリーのスタッフさんでもあり、アーティストでもあるぽーちゃんは、切り株とこりすのセーターを試着してくれました。
a0127828_1694183.jpg

今回の展示は音がテーマということで、こんなバッグも作ったよ。
a0127828_169424.jpg


23日には、ライブパーティもありました。キャンドルが幻想的。歌っているのはキノマルヨウコさんという方で、とっても個性的で迫力のある歌でした。興味のある方はぜひググってみよう!
a0127828_1694369.jpg


お越し下さった方、応援してくださった方、ありがとうございました!
とりあえずjunoの今年の活動はこれにて終了です。
10月、11月、12月と、立て続けにイベント出展をして、本当に力の限り出し切ったなという充実感を感じております。いろんなところに呼んでいただけて、とっても勉強になったし出会いもあったし、ありがたい一年でした。
来年も、たくさんの良いことが起こりそうで、とっても楽しみです^ ^
junoの活動に関わってくださった全ての方が、良いお年を迎えられますように。本当にありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。

追伸:オーダー頂いているもの、なんとか年内に仕上げたいと思っていますが、年末年始を挟みますので、年明けのご連絡になるかもしれません!申し訳ありませんが、どうかご了承くださいm(_ _)m
[PR]
お久しぶりです。
今日はやっとこさ、先日のみわの森レポートをしたいと思います。

お天気は今年も快晴!!まるで1年前に戻ったみたい。
junoブースは今年も木の下をゲット。
a0127828_1254212.jpg

頼もしい助っ人の登場で、設営はさくっとできました。
a0127828_1254497.jpg

おとなりは、今年も八百屋さん。そうそうにロマネスコおとり置きしてもらっちゃった。
a0127828_125473.jpg

そして今年はこの木の下にもう1人、ぬいぐるみ作家のDoddyさん。
めちゃ人気で、この時すでに品薄状態です。私も1つ、連れて帰ったよ。
a0127828_12541351.jpg


ふたたびjunoブース。今年も人気のなべつかみ。
a0127828_1254829.jpg

なべつかみと一緒にポーズを決めてくれたのは、音楽ユニット、マンマリカのおふたり^^
a0127828_12541095.jpg

こんなとこにも。
a0127828_12541179.jpg

チーズバッグ、最後の1つが旅立ってゆきました。皆さんありがとう!また気が向いたらつくります。
a0127828_12541422.jpg


なんと、zucco.ちゃんの猫柄タイツをはいて来てくれたお客様もいらっしゃいました。
まったく関係ない茨城の土地でzucco.グッズにあえるなんて、それだけ世の中に広く浸透していてすごいし、zucco.ちゃんのファンの方がjunoの作るものも気に入ってくれるの、とってもうれしい^^
a0127828_12541639.jpg


他にも、昨年来て下さった方がまた遊びに来てくれたり、お客さん同士の思わぬ関係性が分かったり、うれしいおどろきがもりだくさんでした。
そしてやっぱり、古河の方達ってみんなとっても優しくて温かくて、おもしろ好きで、一緒にいてうれしくなる方ばっかりです。
準備の大変さを思うとやすやすとは言えませんが、また来年も、開催してくれないかな…?
とにかく今年も、関わったすべての方達、本当にありがとうございました!!
[PR]
15時くらいから、ぼちぼち在廊しますよ。
a0127828_11194683.jpg

昨日はセツ時代の友人が遊びにきてくれました。
秋色お花のワンピースが、サイズも雰囲気もぴったりで、とても素敵にお似合いでした。そしてワンピースは、彼女のもとへ。ありがとうございました!!
[PR]