カテゴリ:刺繍( 93 )

みているのかな?
a0127828_10231243.jpg

オーダーいただいたネコワンピ製作中です♪

人間がネコに特別な親しみを感じるひとつの理由に、目が顔の前方についている、ということがあるそうです。人間と同じ。
でも、人間の目には見えないものを、猫はみている気がします。
だって、なにかを見つめるときの気迫がちがうから。なにかをじっと見る猫がいるだけで、その場の空気がぴんとなります。
草食動物のように広い範囲を見渡せないかわりに、一点を凝視し、つぶさに物事を観察できる私達。猫のように神経を集中させれば、見えなかったものが見えちゃったりして。
見えちゃって後悔しちゃっても、責任は持てませんけれども。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
次回のアトリエは、6月9日の土曜日になります。よろしくお願い致します。

アトリエ
国立市東2−5−14
ニコス堂鍼灸院の脇の階段を登って2階すぐの扉です。
[PR]
何色も色を使って、微妙なグラデーションを作り上げた薔薇のコサージュ。
本当は4月の展示に出す予定が、間に合わず、ようやくできあがりました。
a0127828_23241696.jpg

なんだか写真だと牛タンみたいに見えますが、実物のピンクはかなり明るいトーンで、かわいいんですよ。

このコサージュは、お相手がいまして。
a0127828_23375350.jpg

この、鮮やかな深緑のワンピースに、きっぱりと合わせるつもりだったのです。
a0127828_2340242.jpg

こんなビビッドな色同士を合わせるのって、かなり勇気が要りますよね。しかしやってみたかったんだな。
このワンピースはすでにある方のもとに嫁いだのですが、なんと彼女のラッキーカラーがピンク色だということで、コサージュもお買い上げくださったのでした。パートナーのもとへ行けてよかったね^^
junoもなんだかほっとして、幸せな気持ちになりました。本当にありがとうございました!
[PR]
a0127828_2230327.jpg

立体の刺繍にはまっています。これは直径3センチくらいのちいさなブローチ。

ワイヤーを一緒に縫い込んであるのだ。花だったら、つぼみっぽくしてみたり、ぱあっと開かせたり、咲き加減を変えられます。
大きさや形、まだまだいろんな可能性がありそう。

もともとちまちました性格なので、アクセサリーを作るのは楽しいです。
とくに雨の日に、家の中で静かにものを作るのはとても安全な気持ちになるね。一畳分の空間でできちゃうこぢんまり感がたまらない。
服を作るのも大好きだけど、大きな布にじゃきじゃきと鋏を入れるのは、ちょっと勇気がいるのです。

4月28日のイベントには、こんな感じの小物を中心に出品させてもらいます。また、オーダーも承ります。あなたもぜひ^^


a0127828_893826.jpg

グリンピ月1cafeイベント
「 S p r i n g F e s t i v a l 」

春満開、今年は何と出逢うかな?

2012.04.28(sat)
open 12:00
close 22:00
space 西日暮里じょじょ家

◯春満開プレート
春が旬の野菜をたっぷり使ったはる満開ご飯プレート

◯キッシュプレート
キッシュ、手作りパン等々、素敵プレート

◯デザートプレート
ロールケーキ、ムース、タルト、プリン等からお好きなものをチョイス♪

◯ドリンク
michinuts特製カクテル
さささコーヒー
手作りジンジャーエール
ビール
等々

◎Bargain Box (物販)
Bargain=掘り出し物♪
好きなものをゼヒ掘り出してみてください。
素敵な出逢いがありますように…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

場所:じょじょ家 グリンピ西日暮里店
住所:東京都荒川区西日暮里5-26-9
・東京メトロ西日暮里駅出口3から徒歩1分ぐらい
・大通りの交差点から餃子の王将に向かい、右に沿って歩き高架下を通る。少し歩いた左手。

グリンピ西日暮里店について
http://g-reenpeas.jugem.jp/?eid=7

[PR]
ツバメは風でできていることをご存知ですか?
春と夏のあいだのほんのひととき、ふわりとあたたかい空気のなかにひとすじ、ひやりとした水色の風が吹くことがあります。

その風が、なにかのはずみで丁度良い調合になったとき、ツバメになるのです。

a0127828_710773.jpg

私たちが生きているのと同じように、ツバメにとって、ツバメとしてこの世界に存在することは、楽なことではありません。
風であったころは、苦も楽もなく、自分も他人もなく、ただ無限にひろがる風であることに没頭し、頭をからっぽにして、たゆたっていられたものですが、
1羽のツバメとして生きて行くからには、食べ物を探したり、おおきな怖い生き物から、身をまもらなくてはなりません。

それになんといっても、風であったころには気にも留めなかった空気というものが、こんなに重いなんて。それにもう、強い風が吹いて来たってそこに溶け合うこともできないのです。はっきりと輪郭をもつ体というものが、風を跳ね返してしまいます。そのたびに感じる衝撃のするどいこと。

ですからツバメは、生まれてきたその瞬間から、必死に風に戻ろうとするのでした。
それには自分が透明で無限の存在、つまり風になったところを想像しながら、風向きに逆らわず、力を抜いたまま目を閉じて飛ぶのです。
うまいぐあいに風に溶けることができれば、そのまま風になってどこまでも自由に広がってゆくことができるそうです。。

しかしこれが、並大抵のことではないのでした。風になりきるというのはかんたんそうで大変むずかしく、たとえば目を閉じているあいだに高いビルの壁にぶつかったらどうしようとか、今、大きなとんびが上空を飛んでいるかもしれないと考えただけでも、余分な力が入ってしまってうまくゆかないのです。

最悪なのが恋に落ちてしまうことで、ながいことツバメのままでいると、他のツバメと出会うことも多くなり、いかしたツバメに出会えば、当然ツバメだって恋におちるのです。

一度恋を知ってしまうと、なかなか風に戻ることができなくなります。そもそも、昔自分が風であったことさえ忘れてしまうのですから。

いつもいつも、恋した相手のことばかりを考え、自分は他のツバメよりもすてきかしらと窓ガラスに映った自分の姿を眺めたり、ほんの一瞬、翼の先が触れただけで有頂天になったり、恋人のためにせっせと居心地のよいすみかを作ったり、そんなことに夢中になってしまうのです。

そうなってしまったツバメは、かわいそうに、一生をこの重たい空気を背負って、さまざまな物におびえてきょろきょろと周りを見回しながら過ごすことになるのです。
そのかわりに、恋が実ってつがいになったツバメのところには、すてきな贈り物が届けられます。
そう、すべすべとした、まだらもようの美しい卵です。その卵から、かわいらしいひな鳥が生まれたときの喜びといったら、風になることにも劣らないほどです。

ただ、その喜びはほんの一瞬で、ひなどりが成長して巣立ってしまえば、その体が朽ち果てるまで、また苦難の日々が続くのでした。
こうなったところでようやく、自分が昔風だったことを思い出すわけですが、この段階で風に戻ることはいっそうむずかしいのです。
長い間に、ツバメとして暮らして来た習慣や思い出を全て捨て去って風になりきることが、どれだけ難しいことなのか、想像もできませんよね。それでもごくまれに、風にもどることのできるツバメもいるそうです。

ツバメが春と夏の間にたくさん飛び交い、いつのまにかどこかへ行ってしまうのはこういうわけなのです。






[PR]
学生服やシャツの胸元に、ちょこんとついている胸ポケット。
あなたはそこに、なにをいれますか?

階段を一段跳ばしで上ったり、靴ひもを結び直すときに飛び出してしまうことがあるから、あんまり高価なものは入れられない。

パンパンにふくらんでいたり、重みでずり下がっているのはみっともないから、大きいものや重いものもちょっと。

胸ポケットに入れるものは、なくてもかまわないんだけれど、胸元にひっそりとそれがあるだけで、ちょっと安心なもの、うれしくなるもの。

それはたとえば、

甘い苺のキャンディだったり、
a0127828_2331188.jpg

すうっとするリップクリームだったり、
a0127828_23303564.jpg

恋人が髪についてるのを見つけてくれた、桜の花弁だったり。
a0127828_23321425.jpg

そこにあると思うだけで、じんわり気持ちが温かくなるようなものを、胸ポケットには入れたいですね。
[PR]
突然ですがひっこしました。

同じアパートの1階から3階へ。私とチルチルは六畳のワンルームに2人で住んでいたのですが、見かねた大家さんが、
「今度3階が空くからうつらない?」
と声をかけてくれたのです。
3階もワンルームなんだけど8畳だし、なんといっても日当りが良いのがうれしい!!
そんな日当りのよいお部屋で、部屋も片付けないまま私は刺繍しているのでした。

お行儀よく並んだかわいいお花たち。こんなふうにかたまって咲いている小さな花たちって、なんかけなげで愛おしくなります。
a0127828_1231375.jpg

ボーダー模様を活かして、ドルマンスリーブのシャツに仕立ててみましたよ。丈が短いので、ウエスト高めなボトムスを合わせて、足長さんになれちゃいます。
a0127828_1233886.jpg

色違いも
a0127828_1235234.jpg

あるよ!
a0127828_124625.jpg

[PR]

春いっぱいのワンピースです。
a0127828_19401547.jpg

4月の展示は、こんなうきうき春気分のお洋服がいっぱい登場する予定です。
a0127828_1941458.jpg


そろそろ春物見にいこうかと思っているあなた、もうちょっとだけ待ってください。
国立で、世界にたったひとつの、あなたのためのお洋服を見つけませんか?なんちゃって。
[PR]
先日ご紹介したブルーの刺繍シャツと同じ生地を使って、スカートを作ってみましたよ。
a0127828_853347.jpg

ポケット部分にお花の刺繍が入っています。ウエストには大きめのリボン。
a0127828_865778.jpg

先日のシャツと合わせると、民族衣装度かなり高めですw
a0127828_88529.jpg

junoのおすすめは、透け感のある白シャツとシンプルに合わせるスタイルかな。すそはinで♪
a0127828_8102022.jpg

今年の展示会では、全身のコーディネートをご提案できるように制作していくつもりです^^
つくりたいものがまだまだたっくさん!やりきれるだろうか…

junoの展示会は、4月の6(金)、7(土)、8(日)の3日間、くにたちのギャラリーじゃらんじゃらんの森で行います。お洋服やお花が好きなあなた、ぜひぜひおこしください^^
[PR]
きれいなブルーのフレンチリネンが手に入ったので、張り切って刺繍をして、カラフルなブラウスを作りました。
a0127828_23554324.jpg


ヨーク部分のぎっちり刺繍が豪華です。
a0127828_23563529.jpg

やっぱり刺繍はたのしいなぁ。でも完成したときはもっとうれしい。もっと早くなりたいなぁ。


このブラウスは、4月の6(金)、7(土)、8(日)の展示に出品します。ぜひぜひ袖を通しにいらしてくださいな♪
[PR]
a0127828_1012393.jpg

もう春なんて来やしない、と思うくらい寒かった今年の冬ですが、最近ようやく春の兆しが見えてきましたね。春の訪れを待ちわびて、刺繍をしたかいがあるというもんです。
今はブルーのリネンにお花を咲かせているところです。ちょっと水に浮かべたみたいに見えますね。

展示の日程ですが、4月の6(金)、7(土)、8(日)に国立じゃらんじゃらんの森で行います。
いろいろと楽しいお洋服や雑貨を制作していますので、ぜひ遊びにいらしてくださいな^^

雨上がりは花粉が多くなるみたいなので、花粉症の方はきをつけて!ではまた〜
[PR]