<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

一雨ごとに寒さが増してゆきますね。
もう冬じたくは完璧ですか。
私は新しいブーツを手に入れました。
a0127828_20322895.jpg

イタリア生まれのお嬢さんです。
ちゃんと靴底を直したりして、大切にするからとプロポーズしました。長い付き合いになりそうです。

お嬢さんにつれられて、とことことことこ歩いていたら、飛行船が飛んでいるのがみえました。
a0127828_20472234.jpg

よく見たらダイワハウスでした。最近はラジコン操作で動かせるらしいね。

おまわりさんの集団も見ました。
a0127828_20482716.jpg

逮捕されないかしらと、ひやひやしながら撮ったら手ぶれが発生しました。

ひざまでの長いブーツはJUNOのたくましいひざ下を隠してくれるので、
可憐なお嬢さんのふりをして、小さなハンドバッグを小脇にかかえて、ルミネでも、パルコでも、銀座でも、ミッドタウンでも、余裕しゃくしゃくで歩いて行こうと思います。

長いブーツから少しだけひざ小僧をみせるために、この冬一番のお気に入りのチェックの膝丈ワンピに、強気の5センチ裾上げを施そうと思います。

今年もあと一ヶ月ですね。思い残すことはないですか。
[PR]
a0127828_2353534.jpg

クリスマスの前のばんのことです。

ちいさな煙突のある、ちいさなお家の中で、おんなのこは怒っていました。

窓際のちいさなベッドにこしかけ、しとしとと降り積もる雪を眺めながら、おんなのこはちいさくつぶやきました。

「おかあさんのうそつき…」

おんなのこのちいさなひざの上には、真っ赤な毛糸玉がひとつ、のっかっています。
この毛糸玉は、先週の日曜日にお母さんと街へ出かけたときに、商店街のちいさな手芸屋さんで買ってきたのでした。

「今日はお母さんと編み物する約束だったのに。」

今朝ごはんを食べていたとき、急に電話がかかってきて、お母さんは仕事に行ってしまいました。
お母さんの会社の人が急に風邪をひいてしまったのでした。

おんなのこはこの毛糸でマフラーを編んで、お母さんにプレゼントしたかったのです。毎年クリスマスにプレゼントをくれるのが、遠い国のサンタクロースではなくてお母さんなのだということを、勘のするどいおんなのこはよく知っていましたので、今年は自分がサンタクロースになって、お母さんを喜ばせてあげようと考えたのでした。

「あーあ」
おんなのこがちょうど100回目のため息をついたそのとき、ひざの上にのっていた毛糸がおちて、ころころと床を転がって、ベッドの下に入ってゆきました。

「どうしよう!」
おんなのこは泣きそうになりました。この前いとこのおにいさんが来たとき、ベッドの下には魔物がひそんでいて、誰かがうっかりのぞきこむのを待っているのだといっていたのを思い出したのでした。

おんなのこはベッドのかけぶとんをおしのけて、耳をぴったりつけて、ベッドの下の様子をうかがいました。

すると ことこと、かさかさと、かすかなものおとが聞こえてきました。

おんなのこが恐怖のあまりこおりついたそのときです。

「こわがらないで」
ちいさな声が聞こえたかと思うと、赤いちいさなものが、ベッドの下からとびだしました。
よくみると、それは真っ赤なちいさなこじかでした。

こじかは真っ赤な毛糸の妖精でした。

「いま一番ほしいものはなに」
「わたし、お母さんにマフラーを編んでプレゼントしたいの」

こじかが かたん、とひづめを鳴らすと、毛糸玉と、編み棒が2本、現れました。

「でも…わたし あみかたをしらないの」

おんなのこが恥ずかしそうに言うと、
こじかはちいさな声でうたいだしました。

ちいさな赤いマフラーも おおきなしろいセーターも 一ばんさいしょはちいさな輪っか

すると、音楽にあわせておんなのこのちいさな手が動き出して、ひとさしゆびとおやゆびを器用に使って、一番最初の作り目をつくりだしました。

ちいさな輪っかは魔法の輪っか 針をいれて引き抜けば でてくるでてくるちいさなマフラー

こじかの歌にあわせて、おんなのこのゆびは動き続けます。
よけいな力をいれないで、編み棒を穴に入れて、また引き抜いていくだけで、赤い毛糸がきれいにからまって、どんどんマフラーが出来上がっていきます。

「さあ できたね」

気がつくと、マフラーはすっかりできあがっていました。
おんなのこが心地よい疲労感と満足感につつまれて顔をあげると、赤いこじかもやさしい目をしておんなのこを見つめました。

「ぼく いかなくちゃ」

おんなのこの目からちいさな水玉がぽろぽろこぼれました。

「どこにいくの?」
「きみのそばに」

気がつくとクリスマスの朝で、おんなのこはベッドの中で目覚めました。
「あれは夢だったのかしら」

おんなのこが少しさみしい気持ちで階段を降りていくと、キッチンからいいにおいがしてきました。

「おかあさんだ!!」

いそいで扉をあけると、お母さんがスープを温めなおしているところでした。

「おはよう」

にっこり笑ったお母さんの首元には、真っ赤なマフラーがまかれています。

「今年はお母さんのところにもサンタクロースがきたみたい。」

おかあさんはそういって、うれしそうにマフラーをほっぺにあてるしぐさをしました。

その美しさにおんなのこがみとれていると、お母さんはクリスマスツリーの方を見て言いました。

「ねぇ、あの箱はなにかしら」

お母さんは毎年プレゼントを用意して、ツリーのしたに置いておくんです。

「サンタさんだわ!」
おんなのこはすっかりわかっていましたが、いつものように無邪気にさけびました。

今年もお母さん、プレゼント用意してくれたんだ。忙しかったのに…

そう思いながらもわくわくして包みをあけると、中に入っていたのは、白い毛糸で編んだ、ゆったりしたセーターでした。
そっとひろげてみて、おんなのこはおどろきました。

セーターの胸あたりに、昨日いっしょにマフラーを編んだあのこじかが、すました顔で編みこまれているではありませんか。
おんなのこはなんだか泣きたいみたいになって、セーターに口を寄せて、小さな声でそっとささやきました。

「ありがとう」

セーターの中で、こじかが かたん とひづめを鳴らしたような気がしました。
a0127828_2362087.jpg


◇◇◇
なんてことを妄想しながら作りました☆
[PR]
できてますよ♪

クリスマスオーナメント兼、ブローチ兼、ペンダントの動物たち。
新しくできた3つを紹介☆

片足立ちのフラミンゴ
a0127828_3445372.jpg


雪の中で凛と佇む鹿。これは刺繍でレース編みを表現した意欲作です☆
a0127828_3462233.jpg


玉のり虎。弟に彫ってあげた消しゴムはんこの虎が我ながら気に入ったので、縮小してもう一つつくりました。
a0127828_348890.jpg


お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、はんこをまず作り、スタンプした上から刺繍するという方法をとっています。
ちょっと大変だけど、はんこの組み合わせ次第でいろんなパターンが作れるというわけ。
刺繍は手刺しなので、なかなか量産はできませんが、できるだけたくさんの種類を作って、お客さんに楽しんでいただきたいと思ってます。

乞うご期待♪
[PR]
a0127828_20215199.jpg

黒い紙の帯で美しく巻かれてるところ、

6本の糸が(まさに)一糸乱れずよりあわさってる清潔さ

それらが潔くほどけるところ

優しげな光沢

たくさんの色

たくさんの色が合わさって一つの図をえがいていても、一つ一つは一本の線であること

どんなかたちにもなれるところ

布の目の間を縫って表面を彩り、引き抜かれれば一切の形跡を残さないところ

美しいのを鼻にかけないところ(1本80~100円!)


JUNOも見習いたいものです
[PR]
うそ イタメメシ。
炒め飯は好きですか。私はちょっと焦げ気味が好きです。
a0127828_19514273.jpg

一日おうちに居たのは1ヶ月ぶりくらいなので、一人なのにちょっと米など炊いてみました。

おやつにカリカリ梅を食べたから、血液をさらさらにしようと思ってたまねぎを1玉全部使ったら目から水分をいっぱい奪われてしまいました。

夜だから禁断のガーリックも使用。緑があったら良かったなぁ。

でもやっぱご飯は炒めたら 

んまいね♪

ごちそうさまでした。
[PR]
さっきおうちに帰ってきたら、リテイルさんから『もみの木と暮らす展』のDMが届いてました。
かわいい!ありがとうございまーす♪
a0127828_19243177.jpg

いつものことながらちょっと見切れてます(汗)
前にも書きましたが、もう一度。以下詳細です。
↓ ↓ ↓

もみの木と暮らす展
2009ねん12がつ9にち(水)~22にち(火)

☆森のクリスマス
開催場所:gallery re:tail お休み 火曜日
営業時間 12:00-19:00
クリスマスのオーナメントとデコエコバッグ(自分で飾るエコバッグ)の展示・販売です。
〒184-0004
武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション103
tel 0422-26-9874

☆紙のクリスマス
開催場所:zakka東京倉庫 お休み 月・火
営業時間 13:00-20:00
クリスマスカードや紙のオーナメント、紙とクリスマスの展示・販売会です。
〒180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-5-3 第5小野山ビル3階
tel 0422-29-8444


私JUNOはre:tailさんの「森のクリスマス」に参加させていただきます^^

きのうできたアクセサリー第1号です♪
a0127828_19542511.jpg

裏はスエードを使ってみました。
a0127828_19545762.jpg

ペンダントにするかブローチにするかで悩んだのですが、裏にブローチピンをつけて、紐を通せるリングもつけて、2wayにしようかと思ってます。
直径が約7cmと大きめなので、シンプルコーディネートのアクセントになると思います☆
他にくるみボタンのクリスマス限定デザインや、小さなコインケースを作るつもり。
いつもながら時間がギリギリですがやりたいことは山ほどあるので、全部を形にできるようにがんばりたいと思います!!


DMはセツとフレッシュネスに置くつもりなので欲しい人は探してみてください^^
[PR]
吉祥寺のリテイルさん主催、『もみの木と暮らす』展が近づいております。

JUNOも参加者としてのっけてもらいましたよ~♪

かわい気な作家さん大勢いらっしゃいますよ^^

まだ見てない方は、クリック!クリック!

http://thetail.jp/archives/1676
[PR]
無事におわりました♪
a0127828_18174066.jpg

朝早起きして、がんばって掃除したよ。
何もない部屋って、6帖のワンルームくらいだと返って狭く見えるのね。
a0127828_1820011.jpg

インターネットの撤去工事に来たおじさんの背中を隠し撮り。壁に痕が残らないように一生懸命がんばってくれました。
a0127828_18215747.jpg


私が住んでた国立は、自転車置き場が有料てことには目をつむるとして、とってものどかで良い町でした。
駅の途中にあって、毎日見上げていた銭湯(とうとう1回もいかなかったけど気になってた)の煙突や、
a0127828_18264236.jpg

その隣のコインランドリーもいい味だしてるでしょ。
a0127828_18281618.jpg

ここではキャンプに行ったあとのスニーカーを洗ったんでした。
a0127828_18295147.jpg

大好きだったクレープ屋さん
a0127828_18313987.jpg

のご夫婦ともしばらくお別れかなぁ。もうすぐお店閉めちゃうんだって。すごくおいしいクレープやさんだったのに残念!
a0127828_18321039.jpg

大学通りにある銀杏書房。洋書の絵本がいっぱいあって大好きでした。
a0127828_1833573.jpg


最後にチルチルと国立の町や一ツ橋大学の構内をお散歩して帰ってきました。住んでると家の周りなど意外と出歩かないもので、もっと満喫すればよかったなぁと少しだけ心残り。

でも今度は住人ではなくお客さんとして、また遊びに来る楽しみが増えました♪
そうそう来年の6月には国立のギャラリーで3日間だけの小さな個展をする予定です。
またこのブログでもお知らせしますが、そのときには国立散歩もかねて、ぜひ遊びに来てくださいな☆
[PR]
引越しの転送届けを出しに行った郵便局で年賀状を売っているのを見て、
年賀状に使う消しゴムはんこを「作って!!」と、だいぶ前に末の弟から頼まれていて、ようやく重い腰を上げたJUNOです。

去年のお正月にJUNOのはんこを用いて年賀状を書いたところ、クラスメート(特に女子)におおいに受けたらしく、今年も高感度UPに余念がない弟です。
しかし本当は一人の女の子に何年も片思いしていて、
そのこに年賀状を書きたいがために、交流のある他の女子にも年賀状を出してナチュラルさを装っているということを、お姉ちゃんはちゃんと知っているので、
そんな一途なかわいい弟の為に一肌脱ごうというわけです。

いろいろ作ったよ☆
a0127828_2242783.jpg

a0127828_225177.jpg

a0127828_22513580.jpg

a0127828_22515944.jpg

さあみんなでぺたぺたしよう♪
a0127828_22525790.jpg


JUNOにとって、末の弟はこんなイメージ。
a0127828_22541113.jpg

まだ中学生なの。
この前実家に帰ったとき、年内に告白するって言ってたなぁ。
25歳のJUNOには、中学生男子の恋話とか、なんかもう心が洗われるようです。がんばれよ、弟よ。
[PR]
おひっこしが終わりました☆

まだ前の部屋の立会いが残ってるけど(おそろしい…)

思い起こせばここ4年ばかり、毎年秋から冬にかわるこの季節にお引越しをしているなぁ。
(引越し魔ではないのよ。毎回一応理由はあるんだ)

しかし、何度も引越しをしたからって引越しの手際が良くなるというものでもないんですねぇ★毎回引越しやさんには多大なるご迷惑をおかけしているような次第でございます 汗

それにしても、引越しのお兄さんたちの手際の良さにはいつも感心させられてしまう。
私が一週間かかっても終わらない作業を、ものの30分で完了させ、尋常じゃない筋肉を駆使して、雑誌ぎっしりのダンボール箱2個持ちで、階段を一段とばす勢いで駆け下りて行く姿は何度見ても圧巻です。

写真が撮れなくて残念。いやむしろ動画で残したかった!
片付けを手伝わせたあげく、この期に及んで図書館に本を返しに行くのを待ってもらった身では、
とてもカメラを取り出す勇気などありませんでしたが。

そんなわけで、めでたく満員電車に別れを告げ、新宿区民になりました。今度のお部屋は、ワンルームにUB。(部屋の造作に対する拘りは、どんどんなくなってゆくなぁ。)

大家さんが2階に住んでて、何くれとなく世話をやいてくれるので、なんかちょっと親戚の家に居候してるみたい。多少気は使うけど、女一人で新宿に住むには、このくらいが安心かも。

私の部屋といえば、テーブルに座ったまま必要なものに手が届く代わりに足の踏み場がないことで有名ですが、配置職人のチルチルが魔法をかけてくれたので、今すっごいきれいです。今はね。
友人のみなさん、遊びに来るなら今が旬だぜ。
[PR]