<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

最近ガテン系の職を得たチルチルの5時出勤につきあって、どうせだからめっちゃ朝型人間になろうとか思って、4時起きで朝の散歩とかアホなことしてたら、出勤前に昼寝をせんとおれんようになってしまいました。

それも毎回、変な夢ばかり見ます。
いないはずの妹がでてきたり、弟が死んだ夢やったり(起きてからいそいで実家に電話したらちゃんと生きてた)、さっきは学校かなんかにおって、うちの母が階段の上から、「あんたを絶対卒業させたるわー!!」と叫んでる夢でした。いったい何からの卒業?

起きたばっかは細かいデティールとかも覚えてて、「これで小説かけるかも!!」とか思っても、トイレに行って帰ってきたりするともうだめですね。
とびとびの場面しか出て来んくて、話のつじつまが合わんくなってる。夢の中ではなんの不自然さも感じんかったはずやのにへんですね。

夏になると怪談話がさかんになるのは、寝苦しい夜が続くゆえに見る白昼夢がもともとなんじゃないかと、四谷の夏を過ごしつつ思いました。

といいつつ、最近こんなことがありました。
マルシェ搬入日の夜に、突然じゃらんのキキさんから電話が来て、
「さっき電話がきてからずいぶん経ちますが大丈夫ですか?」
junoは搬入日に間に合わず、事前に当日搬入をお願いしていました。
ところが夜になって、
「junoですけど、今新宿で、仕事がおわりましたのでこれから伺います」
と電話があったというのです。
junoはもちろん電話した覚えもなく家で制作の真っ最中。
「電話したのはわたしではないと思います」
と答え電話を切ったのですが、後日聞いたところ、確かに電話がきたのに、その後搬入に来た人は誰もいなかったそう。

しかもjunoと名乗った上新宿から向かいますって、私しかおらんやん…

どうやら私がもう一人いるようだ。
最近どこかで私をお見かけした方、それはもう一人の方かもしれません。
こんなの2人もおったらえらいこっちゃやけどね。
[PR]
a0127828_9423992.jpg

さいきんまた、星の刺繍をしています。

金色の糸を使うと、若干テンションがあがります。
[PR]
って思ってた。子供のとき。
a0127828_00384.jpg

チルチルのおうちでは錦糸卵をうなぎの下に敷くらしい。JUNOは料理に関してそういうおしゃれな発想がまず出てきません。

最後はお汁をかけて、ひつまぶし風に~♪

セツで買った画板、我が家の食卓になっている。ガムテープ。
[PR]
junoはリング状の食べ物が好きみたいです。
ドーナツでしょ、パイナップル飴でしょ、オニオンリングにイカリングでしょ。大きいリング型でお母さんが作ってくれたババロア風のお菓子も毎回楽しみだったし、風邪のときにもらえるトローチも好きだったなぁ。

そんな私は、最近、ベーグル熱が盛り上がっています
a0127828_204797.jpg

なぜなら、国立に大好きなベーグル屋さんがオープンしたから!!待ちわびていたよ~♪

お店の名前は、『柿屋ベーグル』さん。
この写真は下手くそでよくみえませんが、通りに面したショーケースの中には、焼きたてベーグルがたくさん並んでまーす。
a0127828_20483356.jpg

若いご夫婦が始めたばかりのこのお店、小さくてもこだわりが詰まっていて
お店の中には、でっかいドイツ製のオーブン(釜?)があって、まいにち丁寧に焼き上げられているのです。
素材感にもすごくこだわっていて、具の割合がすごく多いの~。開店前から厨房に通い詰めで、何度も試作していたのをjunoは知っているのだ。

国立駅の南口から見て、放射線状に3本伸びてる内の左側の道、『旭通』を、しばらく歩くとあるよ。
紺色の丸い看板が目印です☆
a0127828_20562762.jpg

junoのおすすめは、クランベリーチョコのと、ゴマとくるみが入ったやつ。
くるみの周りにメープルシロップぽい甘い味(黒糖かも)がついてるのもおいしい♪

かぼちゃのやつも気になったんだよな。今度食べてみよ。

甘いやつはちょっと温めてそのまま食べて、ゴマのやつはレタスとツナのサラダと一緒に食べたよ。

今度は半分にスライスして、ハンバーガーみたいにして食べよーかなー。
[PR]
じゃらんじゃらん小舎『夏の魔法のマルシェ』に搬入してきました。

もうすでに楽しい作品がひしめきあっている店内。
これはフェルトの帽子
a0127828_20172480.jpg

junoもおひとつ
a0127828_20214981.jpg

テルミーさんもおひとつ
a0127828_20224656.jpg

ちなみにこの方、最近岩波書店から出てる、『世界』という雑誌の7月号の表紙を飾った方です。
a0127828_20244932.jpg

ちなみにちなみに5月号は、ここの看板娘、キキさんが表紙でした。
a0127828_20254232.jpg

別にね、この雑誌とこのギャラリーが関係あるとかじゃなく、まったく突然に取材されたそうで。
junoは偶然に図書館で見つけてびっくり仰天しました≡3

さんざん迷った挙句、トルコの伝統レース編みをもちいた、ふちどりとお花がとってもかわいいハンドタオルを購入。
a0127828_20375634.jpg

手編みで、しかもトルコから取り寄せた糸使ってるのに、ありがたーいお値段。いいのかなぁ。

今日の『ここDEごはん』には、もれなくスイカととうもろこし付きよ!の一言にあっさり陥落。
a0127828_20344110.jpg

とうもろこしがめっちゃ甘かった!

そうこうしてるうちに、おとんたさん登場
a0127828_20413932.jpg

彼女が着ているのは、前回の展示の時にオーダーしていただいて、junoが彼女の為だけに作ったワンピースです。
「ぜひ着て見せて欲しい」とのリクエストに応えて、junoのいる時間に合わせて来てくれたの。お忙しいなか、ありがとうございました^^

胸の刺繍は、彼女をイメージしました。太陽の光を受けて、ぱあーっと咲くお花のイメージ。
a0127828_20453070.jpg

鎖骨がいいねー。女は鎖骨。

展示に向けて作品を作るときなんかは、誰のもとに行くのか、ちゃんと買ってもらえるのか、わからない状態での製作。
今まではだいたいそういう状態で作ってたので、「余ったらゴミ!」みたいな申し訳なさとか、無意味なことしてるんだろうかと不安にかられることも多々ありました。

オーダーメードは相手が決まってるから責任重大やし緊張もするけど、
わたしのことを信じて依頼していただけることや、ちゃんと使ってもらえるという前提で製作できることは、本当に嬉しいし、ありがたいです。

どちらにしても、現代において、こんなふうにお客さん一人ひとりの顔を見ながら作品の行き先を見守ることができるっていうのは、すごく貴重でありがたいことのような気が。ありがとう。

今回の搬入では、ほぼオーダー品だけになってしまいましたが、マルシェは金・土・日に、8月29日まで毎週開かれるので、作品ができしだい追加するつもりです。
搬入する際は、またこのブログでもお知らせしますね^^
週末は国立で、運命の雑貨に出会おう♪
[PR]
搬入を明日に控え、とりあえず一仕事終えたことにして、久しぶりに映画でも見ようとしたのがいけなかった。

『誰も知らない』

先日チルチルが間違って借りてきて、私は1度観たことがあったのですが、内容もほとんど覚えておらず、せっかくだからと観始めました。

…号泣。

これは人生1番のトラウマ映画です。内容を忘れていたのは、
「覚えてると心と体に悪いから」
という脳の配慮だったのだろう。

明の眼差しが、瞼の裏にちらついて、今夜は寝られそうにありません。

早くまた忘れたい…でもこれは、現実に起こったことなんだ。しかもきっと、作られた映像よりも、現実ははるかに厳しい。生の匂いや温度、長い長い時間。

気づくと事件に関する記事を追っていた。
元になった事件、『巣鴨子供置き去り事件』で発見された子供達は、その後学校に通えるようになり、小さかった子は名乗り出た母親が引き取って育てることになったそうです。

それ以降はたどれず…。1番上の子は今40歳くらいか~。

私だって、人にいつ裏切られるかと怖い。人の悪意が怖い。取り残されるのが怖い。貧乏が怖いし、自分の中の狂気も怖い。

ましてや1度身をもって体験したことがあれば、どれほどのリアルな恐怖を背負って生きているんだろう。
恐怖を通して見ると、愛さえも悪意にしか見えないことがある。
恐怖を抱えた人間が、幸せに生きていくにはどうすればいい?

世の中は本当に怖いもんだから、そうやって構えているほうが安全?

錯覚かもしれないという危険を冒しても、愛や喜びを感じれるほうがいい?

ううう~ん。前者はやっぱりつまんないだろうし、でも後者の感じだと変な勧誘とかに騙されそうやしなぁ。
だとしても騙されてる本人は幸せなのか?騙してるほうにもその自覚がないんだとしたら単なる善意?

でもそういう盲目的な善意が積もり積もって大きな犯罪に行き着いたりするのか?
ちょっとまって、社会福祉とか道徳とかと、個人の幸せは別問題?

うーん、うーん。

とりあえず、親になるなら責任もたんといかんよね。
[PR]
完全に夏やな!脳みその半分が蒸発しとる。

そこによく冷えた泡立つ黄金色の液体を注入。

ツマミは好きなハンバーガーに、ポテトとタマネギの揚げたやつ。司会進行はてきとうに、基本ほったらかしのなんでもあり。

太陽の光の届かない秘密の地下室に、怪しい笑い声が響きわたる…

そんなアンダーグラウンドな暑気払い、あなたも参加しませんか。
今年は8月1日です。日曜日ですな。

6時開始ですが、セツで4時までデッサン会があるらしいので、5時くらいから入れるようにしておきます。デッサン帰りにあなたも寄って行きませんか♪
いちおうTシャツ展打ち上げという名目ですが、Tシャツ作ってなくても来たい人はどうぞ。

会費は1500円。低予算な為、飲み物食べ物の持参品大歓迎です!

参加を決めた方は、私かチルチルにその旨伝えてくださると大変助かります。

ちなみに、
こ~んな
a0127828_22323774.jpg

素敵な
a0127828_2233729.jpg

Tシャツ
a0127828_22334479.jpg

ぞくぞく増えとるよ。

購入の申し込みが入った作品もちらほら。

投票箱も次第に重みを増してるようです。

投票の結果は打ち上げで発表~。お楽しみに♪

ハート型のオニオンリングが出たら、ひと夏の恋がゲットできるかもネ。
a0127828_22403398.jpg

ところで「ゲット」ってまだ使う?ポケモンからでしょ?わりと長いよね。
[PR]
a0127828_11353111.jpg

毎年恒例、じゃらんじゃらん小舎の夏祭り。
いろんな分野の作家さんが作品を持ち寄って展示する、楽しいマルシェに、junoもちょこっと参加させていただくことになりました♪
詳細はこちら!
a0127828_11374110.jpg

手抜きでごめんよ!!調子にのって遊びほうけてたら納品1週間前なの!!
junoはオーダーいただいたものから優先で製作していますので、そんなに点数は多く出せないけど、
多彩な日常雑貨やアート作品が一堂に会するこのマルシェは絶対楽しいよ!
ご来場 おまちしてます~^^
[PR]
先日、外苑前のSPICA ARTに行ってきたよ。
a0127828_0153170.jpg

セツ友の、イケベ君とハットリさんとヒカリちゃんの3人展を見てきたよ。

SPICA ARTはちょっと路地裏に入ったとこにある、半地下のようなギャラリーで、建築家の方がオーナーをされているせいか、とてもかっこいい建物です。

3人とも全く違った世界を表現しているんだけど、一つの空間の中でしっくりまとまっていて、とても居心地が良かったです。
junoと同期の3人が、なんだか着実に自分の表現方法を見出しつつあるのをひしひし感じて、うらやましいし、眩しかったです。
もっと絵 描かないとな。

それから今日は綾ぷふちゃんの写真展を見てきたよ。
a0127828_0233961.jpg

こちらは新宿御苑近くの近代ビルの3階にある、Place Mというギャラリーです。
綾ぷふちゃんはいつもわたしに面白い映画を教えてくれるお友達です。今のとこハズレなし!
ほわほわ可愛い女の子ですが、ナメてかかるとチクッとやられますぞ。

それもこれも、彼女の写真を見れば納得していただけることと思われ。
ドイツのマイナス何十度という世界での厳しい撮影、またくすっと笑える日常のひとコマ、一筋縄ではいかない彼女の魅力が満載です!

両方とも18日の日曜日までだよ。この週末にぜひ♪
[PR]


お友達のお部屋に遊びに行ってご馳走になったり
a0127828_12153969.jpg

実家に帰ってJUMPを読んだり
a0127828_12193016.jpg

バランスボールに乗りながらJUMPを読んだり
a0127828_1220911.jpg

好きな街を散歩したり
a0127828_12222212.jpg

好きな珈琲やさんで一休みしたり
a0127828_1223891.jpg

展望台にのぼったり
a0127828_12252292.jpg

おばあさま作の野菜をご馳走になったり
a0127828_12271134.jpg

DVD見たり
a0127828_12273670.jpg

しとったよ。

夜行バスで実家帰る途中、どこかのサービスエリアで休憩したんですが、そこの名物がメロンらしいのはええんやけど、ご当地チョッパーのこのデザインに対し、
a0127828_1232858.jpg

ご当地キティちゃんが斬新すぎると思いました。
a0127828_12325133.jpg


JUMPは今こちかめと、バクマンと、ジャガーさんといぬまるくんのやつ読んでます。
最近いぬまるくんがお気に入りです。くれよんしんちゃんみたいな感じの幼稚園児のギャグマンガやけどセリフが好き!今回ぐっときたのが、いぬまるくんのお友達の辛口な女の子のセリフで、
「人生から過程を差し引いて結果だけ残したらなにが残ると思う?死よ!」
っていうの。深い~!!めっちゃアホな場面なんやけどね。
機会があったら読んでみて。

昨日東京帰ってきて、初めてちょっとホームシックになりました。寝てたらまだ実家にいる気分で、うちドアのはずなのに、ガラガラって引き戸の音で目がさめるの。で、あれ、ここどこ?ってちょっと寂しい気分に。
実家の人々よ、心地よい休息と親切をありがとうございました。

深夜バスの時差ボケも治ってきたことやし、また本気だして行こうと思います☆
[PR]