<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

これなーんだ
a0127828_7373830.jpg

こんがり
a0127828_7383869.jpg

ぷっくり
a0127828_7392694.jpg

おもち!!
a0127828_740470.jpg

こんにちは。

あなたの家では、お正月のおもち、もう食べ終わりましたか。

junoの家では、先日ようやく食べ終わったところです。

ただ、一緒に買ったあんこがまだたくさん残っています。

1キロ、調子乗ったな…

名古屋風に、トーストにのせてたべようと思います。小倉トースト、おいしいよ。

(p.s.ことこさん、その節は小倉トーストプリッツをありがとうございました!プリッツは1番好きなお菓子です)

では♪
[PR]
こんにちは くまです。
a0127828_13194840.jpg

せんじつから、junoのゆびこく のおうをつとめています。

ぼくのうみのおやは、suipaさんという、かわいい おんなのこ です。
ぼくに かんむりをかぶせてくれたのは、askaさんという、めのくりくりしたおんなの ひと です。

このまえ、くにたちにある『ピチュンヌ』という ちいさなちいさな おみせで、かっこくの きんぐがあつまる しゅのうかいぎがおこなわれました。
a0127828_13251114.jpg

かいぎのないよう は たきにわたりましたが、いちばん の そうてん は、ふゆのあいす は ありかなしか。
についてです。 

ぎだい を ていしゅつしたのは ふゆのあいす は なしだとしゅちょうする ことりこくの おう でしたが、
あすかこく の おうによる あずき を かけると おいしい といういけんに こうしきれず ふゆ のあいす も まあ ばあいによっては ありなんじゃないかという ふんいきで かいぎはまくをとじました。

ぼくは しゅーあいす がすき。

では こうむがあるので しつれいします。
きょうもへいわないちにちでありますように。
[PR]
今日も立ち寄ってくれてありがとう、最近良い買い物してますか。

安いばかりがいいんじゃないけど、自分にとってすばらしい価値のあるものを、意外にお手頃で手に入れることができたら最高ですよね。お値段以上、ってやつですね。

junoの良い買い物といえば、先日、ひょんなことから開催を知ったイベントで、チェコの伝票を手に入れたことです。
a0127828_1927844.jpg

年に1度、ヨーロッパへ買い付けにいかれているというbusy beeさんが、チェコ語でかかれたところの意味を教えてくれたのですが、家に帰って頭の引き出しをあけてみたら、きれいさっぱりなんにも入っていませんでした。
でも、気にすることはありません。(いつものことです。)おしゃれな記号の入った伝票ということにして、自分なりに使おうと思います。罫線なんかも気にしないで。

使うシーンはもう決まっているのです。

今年のjunoにとってのメインイベント、6月4,5,6日。
もうおなじみ、くにたちじゃらんじゃらん小舎での展示で、作品をお買い上げくださったお客様に、品物の名前と値段を書いてレシート代わりにお渡ししようと思っているのです。

ずいぶん先の話で、まだ展示の名前も決まっていないのですが。

刺繍やお洋服や文房具やスタンプなどを愛好しているあなた、6月4,5,6日、どうかあけておいてください。

良い買い物をしたな、と思ってもらえるようなものを並べられるように、精一杯取り組むかまえであります。

また作品など、ちょいちょいここで紹介させていただきますね。
なにか作ってほしいものなんかありましたら、リクエストも大歓迎ですよ。

それではまた。
[PR]
くにたちじゃらんじゃらん小舎での『サンキューべりィマッチ展』、無事終了いたしました。

たくさんの方にご来店いただき、ありがとうございました。

途中、メリーゴーラウンドのマッチは追加できたのですが、ウサギマッチが間に合わずに、売り切らしてしまいました…ほしかった方、ごめんなさい。
いつもこわごわ、すこしずつ作っているのです。
市場を予想するのはなかなかむずかしいものですね。

でもご安心を。
今度6月に江連判子店さんと、またこのじゃらんじゃらん小舎で2人展をさせていただけることになりました。
そのときにもまた、少しマッチシリーズを作ろうかな、と考えています。
柄も少しふやしたりして。
そのときにはまた、ほらふき男の旅行かばんに会いにきてください。

さて、くにたちじゃらんじゃらん小舎では、来月2月の11日から、楽しいハートの展示が始まるそうですよ。
junoはこの展示には参加してないのですが、大好きな作家さんたちがおおぜい出ているので、今から予定を調節して、はりきって出かけようと思っています。

ではまた、じゃらんじゃらん小舎でお会いしましょう♪
a0127828_95357.jpg

[PR]
こんにちは。良い天気ですね。
本日、くにたちの ギャラリーじゃらんじゃらん小舎で行われている『サンキューべりィマッチ展』に、少し作品を追加してきました。

今週末も良いお天気で、おでかけ日和の予感です。お散歩の休憩に、じゃらんじゃらん小舎でお茶でも飲みながら、マッチ談義に花を咲かせてみてくださいな。

あ、ご近所の『柿屋ベーグル』さんで、あつあつのベーグルをほうばりながら歩くのも忘れずに。

ちなみにjunoは今日、「キウイとクリームチーズ」のベーグルをいただきました。
と~っても、おいし~い、ですよ^^
明日の朝は、お土産に買った、「ほうれん草とチーズ」のベーグルを食べます。楽しみだな。


いよいよ明後日の日曜日までとなった『サンキューべりィマッチ展』、よろしくお願いいたします。
最終日は夜7時までとなりますのでお気をつけください。

ではでは。かわいいピンクのバラを添えて、あなたの楽しい週末をお祈りします☆
a0127828_19583651.jpg



p.s.前回の『展示のお知らせ』記事に、次の金土日を22、23、24と書いてしまっていました!すみません、正しくは21(金)、22(土)、23(日)でした。今更すみません…
[PR]
a0127828_19404918.jpg

ひさしぶりに実家に帰ってみたら、ちょっと見たことないくらい雪が降っとったよ。

それも、ふわふわと天空から舞い落ちて、空気をたくさん含んで地上をやわらかく覆う、ガトーショコラの上の粉砂糖のような、うまいこと泡立ったメレンゲのような、雪です。

歩くとキシリ、キシリっていうんだぜ!
a0127828_19525464.jpg


人工的なものが覆い隠されて、すべてのものの輪郭が丸みを帯びて、雪げしきはメルヘンチックで好きだな。

む、ミステリーサークル?
a0127828_207616.jpg

と思ったらマンホールのふたでした。知る人ぞ知るあったかスポット。

雪でどこも出かけられんから、JUMP読んでTV見て、みかん食べて、雪が止んだら帰ります。

ほなね。皆様も風邪など召されぬよう、ご自愛ください。
a0127828_20103576.jpg

[PR]
寒いですね。

実は『サンキューべりィマッチ展』のことで1つおわびしなければならないことが。

先日の記事に、「今度の金土日までに、作品を追加する」と書きましたが、どうも間に合わなそうです…

万が一楽しみにしてくださった方がいらっしゃいましたら申し訳ないので一応お知らせさせていただきました。

ちなみに、今現在かなりできてきております。22(金)、23(土)、24(日)の回には納品する予定です。

よろしくお願いいたします。

追加はありませんが、サンキューべりィマッチ展は、くにたちのじゃらんじゃらん小舎で絶賛開催中なので、この週末の予定がまだ決まってないという方は、ぜひ行ってみてください♪

ではでは。パカラッパカラッパカラッ…
a0127828_1322390.jpg

[PR]
2011年はじまりはじまりはサンキューベりィマッチ展』がはじまったよ。
a0127828_19261091.jpg

junoの作品はポップアップ付マッチ箱。

上の写真のトランク、ふたを開けると、
うさぎや
a0127828_1928246.jpg

メリーゴーラウンドが
a0127828_19284841.jpg

明るいところで見てもいいけど、マッチで火をつけたろうそくの炎で照らすといい感じ。影がゆらめくよ。
(良い子のみんなは、大人の人と一緒にね!)

もう1枚めくるとマッチが入っていまして、
a0127828_19311266.jpg

荷札の裏に側薬がついてまして、火を点けることが出来ます。
a0127828_1932639.jpg


ほかにも、マッチおみくじや、マッチ棒の中にシャー芯を入れて鉛筆にしたのや(これすごいよね)、素敵な判子や、絵本の入ったマッチ箱などなど、楽しいマッチ作品もりだくさんです!!

お行儀良く並んだマッチたち
a0127828_19484010.jpg

a0127828_19491857.jpg


サンキューべりィマッチ展は、くにたちの『じゃらんじゃらん小舎』で1月23日までの金、土、日のみやっていますよ。寒い毎日に、マッチで小さなぬくもりを加えていただけたらと思います。
くにたちにお越しの際は、ぜひぜひのぞいてみてくださいな。

junoの作品は早くも残りわずかです。(というか、もともと数が少ないのです。ごめんよ★)
できたら追加するつもりなのですが…多分次の金・土・日までにはできると思います。

追加したら、またこのブログでもお知らせしますね。

ではでは、あなたにマッチ(たくさん)な幸せがふりそそぎますように!Thank you very match!!
[PR]
ほらふき男が僕の町に帰ってきたらしいと、きのうの夜、大人たちが話しているのを聞いた。

ほらふき男は教会の近くの古い空き家をねぐらにしているそうだ。
ほらふき男は、年中旅に出ていて、季節の変わり目になるとふらりと町へ帰ってくる。

ほらふき男の話を、みんな聞きたがった。
海の向こうの知らない国々で暮らしている、知らない人たちの生活。
広大なアラスカの大地で、ヘラジカを捕まえた話。

ほらふき男の話が本当か嘘か、だれにも確かめることなんかできやしなかった。ここの町の人々ときたら、まるで地面から生えてきたみたいに、同じところから動かないで、年がら年中同じことをくりかえしているから。

だからみんな、彼のことをほらふき男と呼んでいた。

金物屋のご主人は「あのフーテンのほらふき野郎」と、はき捨てるように言ったし、花屋のお姉さんは、「いつまでたっても夢見がちなほらふき男さん」と、少し濡れた瞳で遠くを見つめながらつぶやいた。

僕はほらふき男にあったことがない。だってほらふき男のねぐらには近づいちゃダメだって、学校の先生が言うんだ。だけど今夜僕は行ってみるんだ。もう学校へは行かないと決めたんだ。

夜になるのを待って、僕はマッチとろうそく、それにぴかぴかに磨いた林檎を1つ持って、教会のそばの空き家へ向かった。ほらふき男は長旅で疲れているだろう。おなかをへらしているかも知れない。そうしたらこの林檎を差し出すつもりなんだ。電気はきっと無いからろうそくに火をともして、そして向かい合って、男同士の話をするんだ。


おそるおそる、重いドアを押して中に入る。ドアがきしんで大きな音をたてる。

みじかい廊下を歩いて、ひとつかどを曲がると、大きな部屋があった。床一面に、古ぼけたトランクが散らばっていて、そのトランクの1つに、やせた男が腰掛けていた。暗くて顔がよく見えない。

「ほらふき男さんですか?」
ぼくは尋ねた。
「町の人たちは、僕のこと、そう呼んでるみたいだね」
男は言った。

僕はなんて言ったら良いのかわからずにつっ立っていた。
「まあ 座りなよ。丁度話し相手がほしかったんだ」

僕はほらふき男のそばに腰をおろした。

「きみ、マッチを持ってる?」

僕がマッチを差し出すと、ほらふき男は胸ポケットから煙草をとりだし、火を点け、それを口にくわえ、煙草の箱を胸ポケットに戻した。

「たくさんかばんをお持ちなんですね。」
僕が感心してみせると、ほらふき男は得意げに言った。
「ここにあるかばんの中にはね、僕の旅がつまってるんだぜ。たとえばほら、君が腰掛けてるやつは春の森へ行ったときのだよ。開けてご覧」
僕は立ち上がってカバンをあけ、マッチを1本すって、かばんを照らした。
a0127828_2328639.jpg

すると、かばんの中から一匹の野うさぎが飛び出した。耳と鼻をぴくぴくさせて、青々とした草をはんでいる。
a0127828_01011100.jpg

「わぁ…」
僕が見とれていると、ふいにマッチの火が消え、野うさぎはその一瞬のすきをついて、どこかへ消え去ってしまった。
「ご ごめんなさい」
「いいんだ。やつは森へ帰っていったのさ。僕はあの野うさぎがあんまり可愛らしくて、誰かにみせたくて、ついつい持って帰ってきちまったんだけど、こうして友達に見てもらえたから、もういいのいさ。」
友達と言われて、ぼくはうれしくて、ほおを真っ赤にしてしまい、それで林檎のことを思い出した。
「きみ、おなか空いてるかい?林檎あるんだけど食べる?」
「それはありがたいな。でも気持ちだけいただくよ。僕は煙草があれば満足だから。その林檎、きっと君に必要だからとっておきなよ。」

そういって、ほらふき男は満足げに煙草をくゆらし、次々と旅行かばんを開けていった。

どのかばんからも、すてきな旅の一瞬の光が現れては消えて行った。
赤れんが広場の街灯の下で踊る、パントマイムの道化師。
透き通った湖に水を飲みに来た鹿の親子と、水に映る彼らの影。
廃墟になった遊園地で、今も回り続けるメリーゴーラウンド。
a0127828_0242626.jpg

ほらふき男は熱っぽく語り、僕は興奮して聞き入った。

そうして気づかないうちに、僕は眠りにおちていたようだ。
目が覚めると窓から光が差し込んでいて、ほらふき男のすがたはどこにも見当たらなかった。
鍵の開いたからっぽの旅行かばんが、部屋中に散らばっている。
a0127828_0332448.jpg


ぼくはその中から、それほど大きくはないけれどつやつやと光る、とびきり軽い旅行かばんを選び取った。昨日の夜まで、春の森の野うさぎが入っていたやつだ。

その中にマッチとろうそく、それにぴかぴかの林檎を入れて、僕は外に出た。

雪が降り始めている。
急ごう。旅にでるんだ。

どこに行き着くかわからないけど、世界中のいろんなことを、この目で見てやるんだ。
旅行かばんにはまだまだたくさん余裕がある。そこに、旅先でみたもの、たくさん詰め込むんだ。本当の友達だけに、それを見せてあげる。

僕は真っ白な地面にくっきりと足跡を残して、南に向かって歩き出した。
[PR]
いま、わたしの部屋には、
a0127828_2171790.jpg

皮のトランクが 売るほど あります。



ふふ
[PR]