<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こんにちは。
本当に、今日のお日様ときたら。なんて暖かいんでしょうか。
こんな暖かいお天気の日に、1日中お休みのjunoはなんてついてるんでしょうか。

お洗濯をし、歯医者さんに行き、はなうたを歌いながら自転車で坂道を思いっきりかけおり、さてすっかり日も暮れたころには、junoのワンピースに、お花が一輪咲いていましたよ。
a0127828_20301655.jpg

これからどんどん春めいていくうちに、もっとたくさんの花が咲いていくはずです。
すてきなワンピースになりますように。

お天気の日に、つい口ずさんでしまう小沢健二さん、どうぞ。

中学生くらいの頃、大好きでした。今でも、聞くたびに幸せな気分になります。
[PR]
こんにちは。今日も訪ねてくれてありがとう。
6月の展示に向けて、ワンピース第1号、できました。
a0127828_10561948.jpg

あの夏を思い出して作ったドレス、光沢のある涼しげな生地が気に入っています。
一見プリントにみえますが、一針一針、丁寧に刺繍しました。
無限に続く時間の重なりを感じてください(笑)

家の鍵と小銭を入れて、手ぶらでお出かけできるように、見えないところにポケットをつけました。
これを着たら、自然の光や風を受けて、さっそうと歩いていきたくなる、はず!
a0127828_1161140.jpg

[PR]
ポピーの花を刺繍しています。
a0127828_19165123.jpg

この生地は、もうすぐワンピースになる予定です。
楽しみだな。
[PR]
a0127828_16531775.jpg

興奮のピークが過ぎて、最も新鮮味のないこのタイミングでこの話題…。

皆様、お友達やご家族や彼氏にチョコレイトは渡しましたか?
junoは伊勢丹のチョコレート売り場で目移りしまくった結果、同居人のチルチルにテオブロマの生チョコを買いました。

ところが同居人、バレンタインも誕生日もなく、出張に駆り出されております。
先日は雪の降りしきる中、夏用タイヤで甲府に…

そんなわけで、junoのあげたチョコはむなしく炊飯器の上で沈黙を守っております。(食べちゃおうかな)

嗚呼、スペードの9が恋しいぜ!

チルチルを知るみなさん、どうか彼の無事を祈ってください。
[PR]
渋谷でランチ。
東急裏のお粥専門店、看板娘の女の子のとっても優しい笑顔と喋り方がすてきでした。
冷やし中華は、冬眠中だって。
a0127828_222640.jpg

[PR]
紺の麻生地に、花の刺繍をしています。
a0127828_8505281.jpg

ポピー、ひなげし、虞美人草、ぜんぶ同じ花の名前です。
全然違う響きですね。
でもなんとなく、風になびく儚げな感じが出てるかな。
[PR]
おおきな苺をいただきました。(比較画像参照)
a0127828_20544898.jpg

いただいた、というのは食べたということであって、人様からいただいたわけではない、買ったのです。

曙橋商店街の入り口のとこに、寒空の下トラック1台停めて、荷台に苺たくさん、ダンボールの看板かかげて商いする青年あり。

バイトのお使いで文房具屋さんへ行くときに通りかかり、帰りに通りかかり、日もすっかり暮れた仕事帰りに通りかかってもまだいて、しかも荷台の苺ちっとも減っておらんので、つい仏心を出してしまった。

一番上等なの、ひと箱6百いくら、真ん中、ひと箱3百いくら、一番安いの2箱で200円也で、こちらも贅沢できない身、二人暮らしで食べきれないので一番安いの、1箱では買えませんかと聞いたところ、おにいさんにっこり笑って、
「もちろん買えますよ、おねえさん、ひと箱ならね、これどうですか、一番でっかいの!甘いよー、特別にね、100円負けますから!!」
と一気にまくしたて、見れば見るほどぴかぴかと立派な苺、こちらの気持ちが動いたとみるや、ひと箱手に取って、ビニール袋に入れ、あっという間にお持ち帰り仕様。

かくして、ひと箱5百いくらを支払い、一番上等な苺をお持ち帰りしたのでした。はからずも身に余るゼイタクをしてしまった次第であります。

あの値段設定は、最初からおまけ分上乗せしてると見た。

まことに、露店のおにいさんは商売上手なり。
[PR]