<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

できました。
a0127828_16552246.jpg

あとはこれをチルチルの作ってくれた木枠にかぶせるだけ。

junoはなにかとリスにご縁があるので、リスをトレードマークにしようと思います。

ちなみに、junoと書いて『ゆの』と読みます。これは父が付けてくれた名前で、ギリシャ神話の意地悪な女神様の名前だそうです。
たとえば木星のことをジュピターと言ったり、ユピター、ユピテルといったりするように、junoもジュノーだったりユノーだったりします。
父はたいそうひねくれ者で、名前の由来についてこのような説明しかしてくれず、子供の頃は意地悪な女神の名前をもらったことが不満でしたが、大人になって私も父に負けないくらいにひねくれ者になったので、今ではこの名前がわりと気に入っています。

ユノーは女性の結婚生活を護る神でもあるので、よく結婚式場の名前に使われたりするみたいですが、ブライダルサロンではありませんよ。
無理矢理結婚とこじつけるならば、私は華やかな結婚式ではなく、その後にたんたんと続いて行く生活、というものに興味があります。

誰かと関わっていく中で絶えず生まれ続ける小さな発見とか穏やかな喜びとかちょっとした悲しみとか、どこにでも転がっていそうだけどすごくオリジナルなものを形にするような、そんな作業を、このアトリエでしていけたらいいなぁ。
その結果、だれかの暮らしを楽しくしたり、ニンマリさせることのできるようなものが産まれたら最高です。
でもとりあえず高望みせず、できることを一生懸命にやってみますね。
見てもらえる作品があってもなくても、junoがいるときはたいていドアをあけとくので、気が向いた人はどうぞ遊びに来て下さい。

今度のアトリエの日は、あさって10月31日の月曜日です。
[PR]
今度から、junoがいるときには、階段の入り口のところにこの看板を出しておこうと思います。
a0127828_22333528.jpg

おままごとのような看板で、同居人のチルチルに見せたら『いっちょまえに〜』と笑われてしまいましたが、これを見ていろんな人が訊ねてくれたらいいなぁ、とjunoは本気で思っております。

まずは形から。これからじょじょにアトリエの中も充実させていこうと思います。乞うご期待☆
[PR]
『ミックマック』という映画をみました。アメリと同じ監督さんらしい。どうりでおしゃれだし色の感じがアメリっぽい。社会のはみ出しものにスポットライトを当ててるところも。
どんな悲惨な境遇でも、笑い飛ばせる人は無敵だなぁと思います。junoもいつホームレスになってもおかしくないので、パントマイムくらい身につけておこうかしら。

[PR]
あまりにもきれいだったので。
a0127828_19562497.jpg

うすいブルーとオレンジと黄色が、放射状にパァーと広がって、昨日みた『緋牡丹博徒』の高倉健が最初に出てくるシーンの背景みたいでした。(わかりにくくてごめんなさい。)
綺麗な夕焼けが見れると、一日の疲れが吹っ飛びますな〜^^
[PR]
昨日の月曜日、以前にちらっとお話していた、国立市のアトリエにいってきました。
今日は始まったばかりのみんなのアトリエをご紹介しますね♪

国立駅の南口を出て、旭通りをしばらく歩くと、角に『ニコス堂鍼灸院』という鍼灸院があります。
ここの2階がみんなのアトリエ。
a0127828_7115485.jpg

場所はこのへん。見えるかな?
a0127828_6541388.jpg

中には大きな机があり、なんといっても大きな窓が魅力です。
a0127828_6553457.jpg

壁にはかわいい壁画。なんと内装も全部手作り。壁はじゃらんじゃらんでおなじみ、生さんと貴貴さんの力作です。
a0127828_6564369.jpg

ここは日替わりでいろんな人が使うので、junoのいる日はわかりやすいように看板を出そうと思っています。チルチルが木で骨組みを作ってくれたよ。どんな看板にしようかな。
a0127828_6593961.jpg

旭通を散歩していたら、骨董屋さんでちょうどトルソーが安く売っていたので衝動買い!すこしおまけしてもらっちゃった^^
a0127828_71024.jpg

ふふふ、洋服屋さんぽいでしょ。このお洋服は最近作ったのですが気に入ってしまったので、junoのものになりました 笑。同じ型でもう一つ作ろうかな。
a0127828_73194.jpg

お昼頃、帽子作家のKAZUEさんが遊びに来てくれましたよ。家庭用ミシンの使い方をプチレッスン。
a0127828_745427.jpg

ふくろうジャケットを試着してくれました。
a0127828_7133236.jpg

差し入れの五穀米おにぎり。おいしかったー。ごちそうさまでした^^
a0127828_7141453.jpg

夜には判子作家のアンナさんが刺繍のレッスンに来てくれましたよ。集中して、時間のたつのがあっという間。
a0127828_7153192.jpg


さてさて、こんな感じで一日を終えました。明るく広い空間で、わたしも集中して作業できました。
これからいろいろと準備を整えて、お洋服の販売や注文を受け付ける場として活用していきたいと思っています。気軽に遊びに来てくださいね^^

次回は31日(月)に、朝10時ころから開ける予定です。またアトリエレポートさせていただきますね。では♪
[PR]
『プチ・ニコラ』という映画を見ました。
子供たちのかわいい仕草と滑稽さに、見てるあいだ顔がにやにやしちゃって、そんな自分がキモチワルイなぁ〜と思いつつ、にやにやが止まりません。でも笑うって気持ちいい。心の凝りをほぐしたい人はぜひ。

[PR]
先日体育の日に、山梨に行ってきました。
a0127828_1842342.jpg

国立市にある大好きなベーグルやさん、柿屋ベーグルさんのワークショップに参加するのが目的です。
ワークショップの行われた『マンボウの里』は、近くに川の流れる気持ちのよい場所。

まずは畑でハーブを収穫。今回は、ベーグルの生地にハーブを混ぜ込むのです。
a0127828_18455469.jpg

こちらは以前に生さんと貴貴さんが収穫して、乾燥させておいてくれたもの。
a0127828_18464472.jpg

さっそくベーグルを作っていきます。
まずは小麦粉とお砂糖と塩とイーストを混ぜたものを山形に盛り、真ん中をくぼませます。
a0127828_18483964.jpg

そしてその凹みに水を。ハート形の池を作ったおちゃめさんはだれかな?
a0127828_18494295.jpg

そして粉の堤防が欠壊しないように、少しずつ水と粉をまぜていきます。
a0127828_18505329.jpg

粉と水がきれいにまざると、少し弾力のあるなめらかな生地ができあがります。気持ち良くていつまでも触っていたいくらいですが、ベーグルはパンなどに比べて、あまりたくさんこねる必要はないそう。
たねができたら、1時間ほど発酵させます。

このあいだに、外ではりいこさんと貴貴さんが、なにやら真剣な顔をしています。なにをしているのかな?
a0127828_1905390.jpg

大きなかまどで、火をおこしていたのでした。そう、なんと今日のベーグルは、炭焼きベーグルです。
a0127828_1915876.jpg

さあ、発酵が終わったようですよ。柿屋のご主人に教わりながら、おっかなびっくり成形していきます。
a0127828_1935122.jpg

太さを均一にするのがむずかしいんです。
a0127828_194339.jpg

やっぱり自分の作ったベーグルが食べたいよねってことで、それぞれ自分のベーグルにデコレーション。カモミールの黄色がかわいい。
a0127828_1953083.jpg

ここまでできたら、もう一度30分ほど発酵させます。

そしていよいよ最終行程。ベーグルは焼く前に茹でるんですよね。
a0127828_198244.jpg

両面1分ぐらいずつ茹でたら、火にくべます。
a0127828_1991025.jpg

いつもはオーブンですが、今回は外なので、大きなお鍋でふたを。
a0127828_19102480.jpg

10分くらいでひっくり返します。こんがり、おいしそうな焼き色!
a0127828_1911341.jpg

もう片面もしっかり焼いて、できました!焼きたて、おいしいぞ〜。
a0127828_19125196.jpg

炭火焼きベーグル、なんだかおまんじゅうか餃子のようです。

生さんがベーグルに合うおかずをたっくさん作ってくれました。ぜいたくな昼ごはん。いただきます♪
a0127828_19145860.jpg

初対面の方もいらっしゃいましたが、わいわい作ってご飯を食べて、帰る頃にはすっかり気心知れたお友達に。みんなでパチリ。
a0127828_1917162.jpg

帰る頃には綺麗なお月さまがみえたよ。
a0127828_19225347.jpg

ベーグル作ったのは初めてでしたが、柿屋さんの指導のおかげでとってもおいしいベーグルができました。こんな感じなら、お鍋やフライパンでもできるかも。また自分でも作ってみようと思いました。
柿屋ベーグルさん、そしてじゃらんじゃらんの皆さん、楽しい時間をありがとうございました^^
[PR]
a0127828_16353724.jpg

すっかり秋になりましたね。空が高くて気持ち良いです。
秋っぽい色の糸を使って、ふくろうを刺繍してみました。なかなか目力のあるふくろうです。
a0127828_16454899.jpg

このふくろうちゃん、実はまあるい胸ポケットになっているのです。二重ガーゼのジャケットを作ってみたよ。

昔なにかの童話で、ふくろうの鳴き声は英語のwhoに似ているため、ひとりで森の中を歩いているときにふくろうが鳴いたりすると、『誰だ?誰だ?』と言われているようでとても恐ろしいというのを読んだことがあります。
junoもしばらくご無沙汰だったので、『誰?』という方もいらっしゃるかもしれませんが、これからまたブログを更新していきたいと思っているので、どうかよろしくおねがいします。

ところで近々、国立市で、みんなで一つのお部屋を借りて、アトリエとして使う事になりました。
junoもその仲間に入れてもらって、毎月第1・第3月曜日に、そこで作品を作ったり、注文を受付たりさせていただこうと思っています。
少しづつ、手探りでやっていくことになると思いますが、詳細はこのブログでもお知らせさせて頂きますので、あなたもぜひ遊びにきてください。

それではまた^^
[PR]