<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

とってもいいお天気の、クリスマスイブのお昼、すてきな人形劇団がまたまたアトリエにやってきました。
今日の演目は、佐野洋子さんの絵本から、「おぼえていろよ、おおきな木」というお話。
子供も大人も、入りきらないほどの大勢のお客さんが集まりました。
a0127828_1843056.jpg


今日は郵便屋さんに扮した川ちゃん。くろい帽子がきまっていますね。
a0127828_187753.jpg

おおきな木は、花を咲かせたり、おいしい木の実を実らせたり、季節ごとに素敵な顔を見せてくれるのですが、おじさんはいつもごきげん斜め。木を蹴飛ばしてばかりいるのですが、あるひ…
a0127828_1894684.jpg

このお話、とっても素敵なんです。気になった方はじゃらんじゃらんの森の絵本カフェにもあるので、ぜひ読んでみてください。
佐野洋子さんのお話は、すごく教えてくれることがたくさんあるのに、ちっとも説教臭くなくって、登場人物もどこかひねくれていて、なのに憎めなくって、さいごには大好きになってしまいます。

人形劇のあとは、サンタさんのお孫さんが遊びに来てくれました。プレゼント、持って来たよ!
a0127828_18181758.jpg

みんなで歌をうたって、プレゼントをもらっちゃおう。今日は川ちゃんの生歌も聞けちゃいます。
a0127828_1820986.jpg

あっというまにおわりの時間。また来年も、遊びに来てね〜
a0127828_18222740.jpg

本当に、今年も劇団トコとんをはじめ、じゃらんじゃらんの皆様にはたくさんの楽しい思い出をいただきました。
3月にはあんなに大変な震災があって、みんながっくり来てしまったこともありました。
その後、junoがぼーっとしてるあいだに、このひとたちは、バザーをやったり、ワークショップをやったり、お弁当を売ったり、ワンコイン劇場に人形劇にと、次から次へと動きを止めずに、お金を集めては被災地へ寄付することを続けてきました。
ここの人たちを見ていると、行動する、ということがなによりも尊く美しいことなのかな、と思います。そして、私が今やるべきことをとにかくやらなくちゃ、と思わせてくれます。
こんなにもお手本にしたい、美しい人たちが周りにたくさんいる事は、私を心強くもするし、焦らせ、時には自分の未熟さを痛感させられたりもするのですが、どんなことも、自分に必要なことばかりだったなぁ、と後になっていつも思うのでした。
じゃらんじゃらんの森の皆様、本当に今年もありがとうございました。また来年も、よろしくお願い致します。
[PR]
夜鷹のポンチョ、完成です!!
a0127828_1685132.jpg

チャコールグレー。シックな雰囲気で気に入っています。
a0127828_16102485.jpg

a0127828_16104181.jpg

しかもご無理を言って、24日にお渡しできることに。
楽しみだなぁ。よろこぶ顔が、みたいぞ。
[PR]
茶柱、ならぬ糸柱発見!
a0127828_22271788.jpg

今日は良いことあるかなぁ と思っていたら、前にベーグル教室で知り合った方がアトリエに遊びに来てくれました。しかもオーダーの依頼で。

引っ越しの多い人生を送ってきたせいか、新しく知り合った人のことは誰でも、
「もうこれっきり、会う事もないのかもしれない」
と 心のどこかで思っているのですが、そういう方がもう1度訪ねて下さると、驚きや嬉しさや興奮が入り交じって、言い表せない感情が込み上げてきます。

しかもオーダーをいただくとなったら、連絡先なども交換し、じっくりと話し合って刺繍の図案や素材などを決めていくので、自分の物語に、完全に登場人物が新たに追加されたな、というわくわく感で、体温が2度くらい上がってしまいそうです。

こんなうれしい出会いも、アトリエがあるからこそ。思いきって借りてよかったなぁ としみじみ思ったのでした。

大学通りのイルミもきれいでした。今年はLEDにしたのかな?去年と少し色が違うような。
a0127828_2244865.jpg

[PR]
国立アトリエ、本日は10:00〜20:00くらいまでいようと思います。
[PR]
「夜鷹のポンチョ」だいぶできました。
あとは空に輝く星々と、オリオン座を刺繍したら、いよいよ縫製に入っていきます。
クリスマスまでには、お渡ししたいな。
サンタクロースみたいな気分で作っています。(お代はいただくけどね。)
a0127828_22592524.jpg

[PR]
こんにちは。
『四月に個展をするので、ご協力おねがいします♡』的なことを口走ったところ、早くもバイトを干され気味なjunoです。
お金はないけど時間に恵まれた師走…協力的なバイト先に恵まれて、涙が出ます。

そんなわけで、オーダー頂いたポンチョ制作に精を出していますよ。
a0127828_12362212.jpg

夜鷹のポンチョ、色違いです。チャコールグレーも良い感じ。
千人針ならぬ、一人千針という感じですな。
a0127828_12443146.jpg


お客さんと話していて知ったのですが日本ではその昔、夜な夜な街角に立って花を売る、今でいうと娼婦のことをそう呼んだそうです。

それを聞いたときにはこのネーミング、どうしたものかと思ったのですが、オーダー主さんがしゃれのわかるお方で、
『でも夜鷹なんてかっこいいよね、名前だけならなりたいくらいよ』
とおっしゃったので、このままでいいか、と思いました。

娼婦といえばjunoは『ヨコハマメリー』という映画が好きで、何回も見ているのです。
主人公のメリーさんは外国人専門の娼婦なのですが、あるとき独り身の彼女を気遣って、顔見知りの女性が声をかけても知らんぷり。後で彼女が旦那さんにそのことを話したら、
「それは、娼婦である自分と親しくしていたら、お前まで他人からそういう目でみられると思って、お前を守るためにやったことだよ」
と諭される、というエピソードのところで、junoはいつもやさしさについて考えたり、泣きそうになってしまいます。

それから、椎名林檎さんの『歌舞伎町の女王』という歌の歌詞にも、かっこいい娼婦像がでてきますね。
「女に成った私が 売るのは自分だけで 同情を欲した時に 全てを失うだろう」

私はただ自分一人を商売道具にして、お金をもらって、生活を手にいれているのだ。他のなにも求めていないし、何も奪っていない。
そんな凛とした誇り高き女性に対する無意識な尊重が、夜鷹という呼び名には込められているような気がします。

一方junoはといえば、最近チルチルにたかってばかりのどうしようもない半居候に成り下がっているのですが。このポンチョができあがったら手に入るお金で、同居人になにか美味しい物でも奢ってあげようかな。
[PR]
今週も、じゃらんじゃらんの森の金・土・日ギャラリーではクリスマスマルシェが開催されますよ♪

店内には、クリスマスぽい雑貨がもりだくさん!
a0127828_20174570.jpg

a0127828_2018639.jpg

junoのふくろうジャケットは、キキさんのもとへ嫁ぎました。ありがとうございます^^
a0127828_20185935.jpg

体のゆがみを治すお仕事をしているおじさん。
a0127828_20222589.jpg

くまの鍋つかみを気に入ってくれて、ブローチのように胸につけてくれました。スキップして帰ってくださいね、といったら本当にスキップしてくれました。このおちゃめさん!
a0127828_20225626.jpg

鍋つかみ、たくさん作りましたよ。すてきにディスプレイされてます。
a0127828_2027933.jpg

他にも、おいしいお菓子や、アクセサリーや、大好きな人にプレゼントしたくなっちゃうものが山盛りです。この週末は、ぜひとも国立へ♪♪そろそろ大学通りの銀杏並木もきれいかな?
[PR]
a0127828_12194855.jpg

やさしいお友達が、段ボールいっぱいの野菜を送ってくれました。
その中にいた、ニヒルな奴。
カボチャだそうです。
さーて、どう料理してくれようか。
[PR]

今日のアトリエは、午前10時くらいから午後4時過ぎくらいまで居る予定です。
[PR]
そして辿り着いたカフェで、おいしいおやつを食べよう。
a0127828_7475633.jpg

今日は散歩の達人、チルチルも一緒です。
a0127828_74852100.jpg

後ろにずらりと並んでいるのは、とってもおしゃれなコスチュームデッサン。

お友達の橋本訓典さん、通称くにちゃんの、「DESS!N」という個展を見にきましたよ。
くにちゃんはご自身もセツでモデルさんをするほどの、しゅっとしたイケメンさんで、お料理もうまいし、お洋服も作れる多彩な方で、junoなんかは突然出くわすとどぎまぎしてしまってうまくしゃべれないので、今日は感想ノートに思いのたけをぶつけてきました 笑
気持ちよく走る線が、本当にかっこよくて、ほれぼれしてしまうデッサンがたくさん見れますよ。

会場になっている『マルイケハウス』という建物も、なかなかおもしろいので、お散歩がてら行ってみてください。
[PR]