<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

a0127828_14561110.jpg

今日は雪です。
正確には、東京はさっきまで雪が降っていたけれど今は雨に変わりました。

私は足の下に湯たんぽを置いて刺繍をしています。

こんな日は、洗濯物は部屋干しですが、最近タオルだけは乾燥機にかけることにしました。
ちなみに、洗濯物の乾かし方で好きな方法1番はダントツで日光浴で、そのあと部屋干し、アイロン、乾燥機と続くのですが、タオルだけは部屋干しのときのにおいが酷いことになるし、アイロンで乾かすにも無理があるので乾燥機。

うちの洗濯機は友達がドイツへ引っ越すときにくれた大きなドラム式で、いろんな機能が付いています。

東京へ来たばかりの頃は洗濯機がなくて手洗いしていたけど、今や身の丈以上の立派な洗濯機でダイヤルくるりの、ボタンぴっの簡単らくらくお洗濯です。

それで、乾燥機の機能を使い始めて気づいたのですが、乾燥機の仕上がりをいろいろと選べるようになっていて、その中に『念入り』というのがあるんです。

洗濯機といえばまごうことなき心を持たない機械であるはずなのに、『念入り』。それを発見してからというもの、ついついダイヤルを『念入り』に合わせてしまいます。

だってなんだか、洗濯機が一生懸命に『乾け乾け〜ふわっとな〜れ』とか言いながら、おなかをぐるんぐるんと回して頑張ってるような気がするし、終わった合図の『ピーピー』音でさえも、『よしっいっちょあがり!持ってっておくんなっせ!』と、江戸っ子口調で言ってるみたい。そしてやっぱりタオルはふわっと柔らかく仕上がっている。

自他ともに認める機械音痴なわたくしですが、最近の機械の親切っぷりには、固く閉ざしていた心の扉をついつい開いてしまう瞬間が多々あります。
もはや日々の生活に欠かせない機械たちとは、仲良く共存してゆきたいものです。
いつも、ありがとうね!




.
[PR]
ある学校の先生からの依頼で、袴に桜の刺繍をしています。
a0127828_9225956.jpg

袴、大学の卒業式で着ました。レンタルだったけど。

その頃、一部の友達の間で和装するのが流行っていて、1枚千円くらいのアンティークの着物を何枚か持っていました。

袴は卒業式くらいしか着る機会がないので、古着で安いのがあっても買おうと思わなかったけれど、着物より断然動きやすいしかっこいいので好きでした。

先生なら毎年卒業式があるものね。だけど、きちんと袴を着て卒業式に出席する先生、私の時はあまり見かけなかった気がします。大事な卒業式のためにとっておきの袴を用意するなんて素敵。

もうすぐ卒業の季節ですね。大人になると、卒業したいことがあってもなかなか学校みたいにきっぱりと卒業できないものです。私はそろそろ、朝9時の眠気(からの二度寝)から卒業したいなぁ。







.
[PR]
春のお花のセーターは
a0127828_221953.jpg

国立の『じゃらんじゃらんの杜』さんへ。

そして出来上がったオコジョのプルオーバーは
a0127828_2219750.jpg

a0127828_2219517.jpg

a0127828_221962.jpg

西荻窪の『ニヒル牛2』さんへ。

2つとも思い入れのあるお洋服なので、良い出会いがあるといいな。

お店へ行くのが難しい方で、欲しいと言う方がもしいらっしゃいましたら、コメント欄を非公開にしてご連絡先を明記の上、その旨お伝えください^ ^






.
[PR]
気持ちの上では春はもうすぐそこ!

だけど今日は雨も降っていてとっても寒ーい(*_*)

こんな日は雪の中を元気に駆け回る動物になりたくなるから、朝からオコジョを刺繍しています。
a0127828_197748.jpg

前回のお花と同じ白いニットに刺繍しているので、間に水に溶ける紙を挟んでいます。
これは今まで使ったことなかったけど、とっても便利!Tシャツなどに刺繍するときにも使えますね。







.
[PR]
野ばらにアネモネ、ルピナスにヒヤシンス、優しいお花の季節がもうすぐやってきますね。
a0127828_1344641.jpg

そんな季節を待ちきれない気持ちで作った薄手のセーター
a0127828_1344624.jpg

金曜日に、国立にあるじゃらんじゃらんの杜「和み展」に持って行こうと思います。
あともう一つ作品を作るつもり。間に合うかな…お楽しみに!






.
[PR]
a0127828_13414295.jpg

紺色の別珍で仕立てた、シンプルなフレンチスリーブのワンピース。

ずいぶんお待たせしてしまったけれど、ようやくお届けできました。とびっきりの笑顔で着て下さいました^ ^

別珍は綿で作ったビロードみたいな生地で、ビロードよりは光沢が控えめですがお取り扱いしやすい素材です。

私が自分用に作って着ていたのを見てオーダー頂きました。
以前、何かのパーティーへ着て行って、同じ紺色のビロードのお召し物を着た方と並んだことがあって、比べると光沢の差が一目瞭然。
それ以来、お出かけ着として着るのには、どうしてもビロードの模造品という感じがして気がひけていたのですが、オーダー下さった方は、
「ビロードのようなギラギラした光り方よりも、別珍の控えめな光沢が好き」
と言ってくださいました。

言われてみたら、マットで落ち着いた別珍の光沢はとても上品で、大人っぽくて、ビロードとはまた別の良さがあります。
ビロードのようにてろんとせず、どっしりと存在感があるのも微笑ましい。ただ、静電気が発生しやすいのでペチコートは必須なのですが。

何事も、比較して優劣をつけるんじゃなくて、そのものの持つ優れた点や好きなところを見たほうが、いろんなことが楽しくなりますね^ ^





.
[PR]
a0127828_17364156.jpg

長い間お待たせしてしまっていたスモークチーズ(?)のバッグ。

いつもは明るい黄色のリネンを使っているのですが、お客様のご要望でマスタード色を作りました。
まるで薫製にかけたみたい。とっても美味しそうです。

さらに全ての穴に1匹ずつネズミさんが入っていてとてもにぎやか^ ^

新しい発見をありがとうございました。






.
[PR]
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

今年最初に作ったのは、とある作家さんにオーダーいただいた耳飾り。
a0127828_2274490.jpg


彼女の作品をイメージした極彩色が、自分でも新鮮なものとなりました。

お花は椿に葉牡丹、ロウバイなど
a0127828_2274496.jpg


お正月らしい華やかなものを作らせて頂き、良いスタートが切れました。

2014年から2015年へ。時間はいつも通りに流れているはずなのに、年をまたいだ事でいろいろなことが時間切れになってしまった感覚があります。

返事を書いてない手紙。去年からのオーダー。会いたいね、と言い合ったのに会えなかった人たち。

何人かの人に不義理をしてしまっていて、申し訳ない思いをしています。

今年はそういうことを1つ1つ順番に丁寧に対応してゆきたいです。

4月に個展をしたいと思っていて、あちこちでそれを宣言していましたが、どうやらそれは叶いそうにありません。

まずは自分の引き受けた仕事を丁寧にやっていこうと思います。

個展をしたいとずっと思っているし、するからには良いものにしたいので、今年はしっかりと作戦を練って、時間をかけて形にしてお見せします。

新年早々浮かない文章になってしまったけれど、こう見えてとても張り切っております。イベントも出ます!

今年もたくさんの方にお会いできたらうれしいな。そしてこのブログを読んで下さっているありがたい皆様にも、沢山の、素晴らしい出来事、幸せが降り注ぎますように。

2015年もjunoノートをどうぞよろしくお願い致します^ ^






.
[PR]